ナビゲーションスキップメニュー

東北自動車道黒石インターチェンジを活用したロジスティクス戦略

ロジスティクス戦略の目的

人口減少や高齢化による労働力不足に伴い、生産力低下による地域経済の停滞が懸念されています。こうした状況下にあって、当市やその周辺地域に存する各産業分野を持続的に発展させていくことが不可欠です。その中でも、当市に位置する「東北自動車道黒石インターチェンジ」を活用し、供給側と需要側を緊密に結びつけられる環境づくりを進め、物流の最適化を図ることにより、地域産業の活性化を目指す必要があります。

この戦略は、「東北自動車道黒石インターチェンジ」を活用したロジスティクスの方向性を明らかにするものです。

ロジスティクス戦略の期間

第1期 平成29年度から5年間(2017年度~2021年度)

進出企業の募集

  • 第1工区への進出企業は既に確定済みとなっています。(平成31年3月31日現在)
  • 次期工区エリアへの進出に関する募集時期については、現時点で未定です。

進出予定企業(令和6年1月現在)

企業名 事業内容 進捗状況等
紅屋商事(株)

物流

食品製造

令和2年5月 物流センター(ドライ)操業

令和2年10月 物流センター(チルド)操業
令和4年以降 食品工場、事務所研修施設建設予定

日興運輸(株) 物流 令和3年12月 物流センター、営業所操業
南貨物自動車(株) 物流

令和4年 造成工事完了

令和5年9月 操業

(有)たんぽぽ運送 物流 令和3年3月 物流倉庫(冷蔵)、事務所操業
三商物産(株) 物流

令和5年2月 操業

紅屋ホールディングス(株) 物流

令和4年 造成工事完了

令和4年以降 操業予定

ロジスティクス戦略地の名称について

本市では、青森県の中央部に位置する黒石インターチェンジを津軽地域の物流拠点として活用し、物流ネットワークの強化を図るため、平成29年度に『東北自動車道黒石インターチェンジを活用したロジスティクス戦略』を策定し、事業の推進に取り組んでおります。

今回、本戦略を広くPRし、進出企業の立地場所を明確にするとともに、皆さんが親しみを持てるよう戦略エリアの名称を「黒石IC ロジスティクス クロッシング」に決定しましたのでお知らせいたします。

名称

  • 和文表記 : 黒石IC ロジスティクス クロッシング
  • 英文表記 : Kuroishi Interchange Logistics Crossing
  • 通称(呼称): ロジクロ

名称は、次のことを踏まえて決定しました。

  1. 戦略地の場所が明確に伝わること。
  2. 物流戦略のイメージが伝わること。
  3. 馴染みやすく、親しみやすく、覚えやすいこと。

名称には、次のような願いや思いが込められています。

  1. 「人・物・情報・技術・道路」が「交差・融合」し、物流拠点として成長していくこと。
  2. 黒石ICの物流拠点において、新たなモノの流れを創造し、未来へと引き継いでいくこと。

 

黒石IC ロジティクス クロッシング

第1工区エリア

 

黒石市へのアクセス

 

公表資料

この記事への お問い合わせ
商工課 産業推進係 <産業会館>
電話番号:0172-52-2111(内線:642)
ファクス:0172-53-1839