ナビゲーションスキップメニュー

年次有給休暇の取得促進について

仕事休もっ化計画

仕事は計画を立てて行うもの。それでは休暇は?
「仕事休もっ化計画」


年次有給休暇を取りやすい会社にしましょう。

年次有給休暇とは

年次有給休暇は、労働基準法で定められた従業員に与えられた権利です。労働基準法において、従業員は、

  • 6か月間継続して雇われていること
  • 全労働日の8割以上を出勤していること

を満たしていれば、10日間の年次有給休暇が付与され、申し出ることにより取得することができます。
(勤続年数、週所定労働日数等に応じて年次有給休暇の付与日数は異なります。)

年次有給休暇の取得率

青森県の年次有給休暇の取得率は、平成29年で46.9%でした。これは、平成28年の37.2%を上回ったものの、全国の51.1%と比べ低い水準となっています。
年次有給休暇の取得率等の推移【平成29年】PDFファイル(1420キロバイト)
年次有給休暇の取得率等の推移【平成30年】PDFファイル(506キロバイト)

年休の確実な取得がスタートしています

労働基準法が改正され、平成31年4月より、使用者は法定の年休付与日数が10日以上のすべての従業員に対して、毎年5日間、年休を確実に取得させることが必要となりましたが、これは最低基準であり、従業員に付与された年休は本来、すべて取得されるべきものです。

年休を取得しやすい職場づくりを!

年休を取得することは、心身の疲労の回復などのために必要です。また、仕事に対する意識やモチベーションを高め、仕事の生産性を向上させるとともに、企業イメージの向上や優秀な人材の確保につながるなど、年休を取得しやすい環境を整えることは、企業にも大きなメリットとなります。
また、年休の計画的付与制度は、年休の付与日数のうち5日を除いた残りの日数について、労使協定を結ぶことで、計画的に休暇取得日を割り振ることができる制度です。年休の計画的付与制度を導入している企業は、導入していない企業よりも年休の取得率が高くなっており、労働基準法を遵守する観点からも、年休の計画的付与制度の導入は重要となります。
従業員が年休の取得にためらいを感じないよう、業務のやり方を変えたり、年休の計画的付与制度を導入するなど、年休を取得しやすい環境づくりに取り組みましょう。

会社のお休みに年次有給休暇を組み合わせて更なる長期休暇に!

仕事休もっ化計画

年末年始は9連休!
休暇を加えて、
新しいことにチャレンジを!!

 

年末年始は連続休暇を取得しやすい時季の1つです。土日休日制で12月29日から1月3日までがお休みの企業の場合、今年の年末年始は9連休になります。新年は新しいことにチャレンジする機運が高まります。今年こそ、今年こそと考えていたことはありませんか。
年末年始の休みに年次有給休暇をプラスして、新しいことにチャレンジしてみませんか。
詳しくは、青森労働局雇用環境・均等室(電話017-734-6651)まで、お問い合わせください。

資料

仕事休もっ化計画(2019年夏)PDFファイル(2007キロバイト)
10月は「年次有給休暇取得促進期間」ですPDFファイル(409キロバイト)
年末年始は9連休!休暇に加えて、新たなことにチャレンジを!(2019年12月)PDFファイル(1080キロバイト)

リンク

年次有給休暇取得促進特設サイト(厚生労働省)このリンクは別ウィンドウで開きます