ナビゲーションスキップメニュー

マンガによる啓発誌の紹介

マンガによる啓発誌の紹介

男性がより豊かな人生を送るためには、「男らしさ」に縛られることなく仕事と両立しながら家庭生活や地域活動に参加できることが必要です。
しかし、農業地帯に位置する本市では、男性も女性も固定的な性別役割分業や「男らしさ、女らしさ」に縛られる傾向にあります。

そこで、文部科学省(国)の委託を受けて「男性の家庭・地域参画事業」として男性が家庭生活や地域活動に必要な生活術を取り入れながら、自分らしく生きるための「気づき」の機会を提供しました。
そのひとつとして多くの男性に何が問題なのかを気づいてもらうためにマンガによる啓発誌を作り、一般配付しました。
また、男女共同参画社会を理解する教材として利用できるように、中学校や高等学校にも配付しました。

作成者

黒石市男性の家庭・地域参画実行委員会

作成部数

1,000部

配付先

市内中・高等学校、関係機関、各種団体、市民

配付時期

平成16年3月上旬

啓発誌「HARMONY―だれもが自分らしく―」

黒石の一農家の長男として生まれた主人公の健太郎が、職業選択や結婚後の家庭において男女の枠にとらわれず、保育士として恋人(望美)と共に自分らしく生きていくことで、頑なだった主人公の父も、変わろうと少しずつ気づき始める物語です。
これからの男女の生き方についてマンガでわかりやすく表現しています。
その他、黒石で実際に保育士や看護師として勤務されている男性の方や、農家で家族協定を結ばれているご夫婦のインタビューが掲載されています。

この記事への お問い合わせ
企画課 市民参画交流係
電話番号:0172-52-2111(内線:238)