ナビゲーションスキップメニュー

新型コロナウイルス感染症が疑われる方へ

8つのポイント

相談窓口

新型コロナウイルスへの感染がご心配な場合については、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」にお問い合わせください。

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には同センターにすぐに同センターにご相談ください

条件内容

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

重症化しやすい方

高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

お子様をお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

帰国者・接触者相談センターについて

「帰国者・接触者相談センター」では、電話での相談を受けて感染が疑われると判断した場合には、帰国者・接触者外来へ受診していただけるよう調整します。その場合には、同センターより勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することは控えてください。

同センターで、感染の疑いがないと判断された場合、これまで同様かかりつけ医等を受診していただけますが、必ず受診前にかかりつけ医等へ電話相談の上受診をするようお願いいたします。受診の結果、肺炎症状を呈する等、診察した医師が必要と認める場合には、再度同センターと相談の上、受診を勧められた医療機関を受診していただきます。

お問い合わせ

弘前保健所 電話 0172-33-8521

参考

厚生労働省が示している、ご家族に新型コロナウィルス感染が疑われる場合、家庭内で注意いただきたいことも参考にしてください。

新型コロナウィルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~このリンクは別ウィンドウで開きます(首相官邸HP)

新型コロナウィルス感染症についてこのリンクは別ウィンドウで開きます(厚生労働省HP)

この記事への お問い合わせ
健康推進課 母子保健係
電話番号:0172-52-2111(内線:244,245)