キーワード検索>
ホーム行政情報>黒石市立図書館整備について

黒石市立図書館整備について


黒石市立図書館整備について
【経 緯】
 県内10市で唯一図書館がない本市では図書館整備が市民の悲願でした。平成20年の市民文化会館及び黒石公民館休館に伴い、図書室を現在のスポカルイン黒石図書コーナーへと移設しましたが、手狭となり、読書環境や蔵書保管に課題が生じています。
 また、中心市街地では、中心商店街の衰退や施設休館により人通りが減り、地域資源を活かしきれていない状態にあります。
 そのため、平成31年3月の黒石市中心市街地活性化基本計画の策定を契機に、読書環境の確保と市内の回遊性向上を兼ねた、市民の集う図書館整備を目指すこととなりました。
※黒石市中心市街地活性化基本計画の内容はこちらをクリックしてください。

【現 状】
 現在市内には2つの図書施設があり、図書の閲覧・貸出のほか、学校・公民館・児童館等への図書セットの貸出、読書ボランティアと連携した選書会、読み聞かせ、ブックスタート事業などを行っています。
施設名 所在地 開館 延床面積 職員数 貯蔵数 入室者数 貸出数
スポカルイン黒石図書コーナー 黒石市ぐみの木
3-65
H20.4 252.54㎡
(図書室部分)
3人 42,799冊
(うち児童書9,013冊)
18,158人 25,992冊
黒石ほるぷ子ども館 黒石市大字温湯字派15-2 S50.7 110.40㎡
(施設全体)
1人 10,546冊
(全て児童書)
5,475人 3,457冊
※数値は平成29年度現在のものです。施設名をクリックすると関連ページが開きます。
黒石市立図書館整備基本構想・基本計画の概要
【計画の目的】
 図書館は生涯学習や社会教育による人材育成の拠点であるとともに、その高い集客力や地域との連携力から、まちづくりを担う施設としても注目されており、市では現在、黒石市中心市街地活性化基本計画の主要事業として市立図書館整備を掲げています。
 この計画は、本市にとってふさわしい図書館とは何かをとりまとめ、市民が20年後、30年後に「あって良かった」と思える愛される図書館づくりのために策定するものです。

【計画の構成・策定手順】
 策定する計画は、次の2段階で構成されます。
  基本構想:図書館の在り方、整備に向けた基本的な考え方(基本理念など)をまとめたもの。
  基本計画:設計や建設事業の基となる、施設の具体的内容をまとめたもの。
 これらの検討においては、市民や有識者の意見を伺いながら、在るべき図書館像を基本理念としてまとめ、それらを実現するために必要な機能やサービス、施設の内容へと検討を進めます。

【図書館に求められるテーマの例】
 市では検討のたたき台として、次のテーマを提案しています。

テーマ 内容 求められる機能・サービスの例
学びあう図書館 誰もが知識に出会い、郷土に誇りを持ち、ともに学びあえる、文化と人材の揺りかごとなる図書館 ・読書環境の充実
 →収容可能冊数、開架と書庫のバランス
・学習環境の確保
 →学習室の整備
・郷土の情報発信
 →名誉市民パネル、展示スペース
・市民の学ぶ力の養成
 →図書館活用講座、調査コンクール
憩いと賑わいの図書館 誰もが集い、中心市街地の回遊性を向上させ、まちの賑わいを生み出す 図書館 ・あずましの居場所づくり
 →憩いのラウンジ、キッズルーム、飲食スペース等
・ユニバーサルデザインの導入
 →障がい者用駐車場、エレベーター等
・地域資源との連携
 →スポーツ交流センター等と連動した講座やイベント
・回遊性向上の環境づくり
 →駐車場、無料Wi-Fi・電源の整備
市民の力を育む図書館 暮らしの様々な場面で、 本を通じて市民同士が関わりあうことにより、市民の力を育む図書館 ・市民活動の育成と支援
 →活動室の整備
・図書ボランティアの育成と協働
 →ブックスタート、読み聞かせ、運営への関与等
・地域における子どもの読書活動推進
 →ほるぷ子ども館、学校、児童館等との児童書融通
・本の手渡し運動の推進
 →公民館における読書活動、高齢者地域見守りによる本の配達
これらの内容は決定されたものではありません。今後、市民の代表と有識者による懇談会や、一般の市民も参加できる市民ワークショップ、パブリックコメント等においてご意見をお伺いし、実現性を考慮しながら追加や変更などを加えていきます。

【関連する計画等】
 市の定める方針や計画のうち、図書館に関連する主なものとして次のものがあります。(各タイトルをクリックすると関連ページが開きます。)
関連するテーマ 主な計画等
学びあう図書館 黒石市民憲章黒石市教育大綱第3次黒石市生涯学習のまちづくり推進計画
憩いと賑わいの図書館 黒石市中心市街地活性化基本計画黒石市立地適正化計画、黒石市地域公共交通網形成計画(現在策定中)
市民の力を育む図書館 第6次黒石市総合計画黒石市まち・ひと・しごと創生総合戦略

【建設場所】
 周辺の文化・スポーツ施設、観光名所などの地域資源を活用し、事業効果を高めるため、現在の黒石公民館駐車場に建設します。

【施設規模】
(本 館) 所在地:黒石市大字内町24番地1
延床面積 1,500㎡前後を想定。(敷地面積約 1,400㎡)
黒石公民館旧図書室部分の活用を検討。(床面積 165.1㎡)
(駐車場) 既設の御幸公園駐車場の拡張を検討。

【主なスケジュール】
 令和元年度 市立図書館整備基本構想・基本計画策定
 令和2年度 基本設計・実施設計
 令和3年度 建設工事、運営計画等策定
 令和4年度 図書の移動、オープン

※これらは現時点での内容です。今後、検討状況により随時更新します。
黒石市立図書館整備推進懇談会について
【目 的】
 黒石市立図書館整備推進懇談会(以下「懇談会」といいます。)は、市が、市立図書館整備の基本構想及び基本計画を検討・策定するにあたり、市民の代表や関係団体、有識者の意見をお伺いするために設置した組織です。

【役 割】
 主な役割は、委員による懇談会、一般の市民も参加する市民ワークショップに出席し、市が説明する基本構想及び基本計画の案を基に、意見交換を行うことです。

【組 織】
 懇談会は、市職員、教育長、利用者代表の市民、関係する市内団体(教育、文化、商工、福祉関係)による委員15人前後で組織され、任期は2年間となります。
 その他に、懇談会・ワークショップには、有識者(図書館や建築の専門家)が数名出席し、専門的なアドバイスや意見の取りまとめを行います。

【開催スケジュール】
 令和元年度内に懇談会を5回、市民ワークショップを2回開催予定です。
  スケジュール表(PDF)
※スケジュールや会議の回数等は、検討状況により随時更新します。

【開催結果】
第1回懇談会(R1.5.31開催、出席委員12名)
 組織会として各委員の紹介、事務局による事業の概要及びスケジュールの説明を行いました。各委員からは、図書館に祭りや名誉市民に関する郷土資料を展示したり、飲食可能な場所や、市民活動のための会議室を設けるなどの意見がありました。
委員からの主な意見(PDF)
   
第2回懇談会(R1.7.25開催、出席委員12名、有識者6名)
 市長あいさつと事務局による基本構想素案と図書コーナーの現状、空間構成案等を説明の後、有識者(大学准教授、県立図書館職員、地元建築士会、図書サービス事業者)を加えて意見交換を行いました。
 各委員からは、学んだことを活かす工夫や図書館内の回遊性の在り方、子育て世代への配慮などの意見がありました。各有識者からは、県立図書館の取組みや県内図書館の概要、建物内の職員の動線、図書館に関する書籍などの情報提供や助言がありました。
※主な意見については現在取りまとめ中です。

第1回図書館づくり市民の集い(R1.8.31開催、現在申込受付中)
市では、市立図書館整備のため、市民による意見交換会を開催します。
魅力的で楽しい図書館をみんなで一緒に考えてみましょう!
◆メインテーマ…『新しい図書館で何がしたい?』
◆日時…8月31日(土)午後1時30分~午後4時
◆場所…黒石公民館多目的ホール
◆コーディネーター…弘前学院大学准教授 生島美和氏
◆対象…市内にお住まいの方
◆募集人員…30~50人程度
◆申込方法…8月23日(金)までに市企画課へ電話でお申し込みください。
◆申込先…黒石市企画課 市民参画交流係(電話52-2111 内線238)
第1回図書館づくり市民の集いチラシ(PDF)
更新履歴
更新日 主な内容
R1.7.1 事業概要、スケジュール、第1回懇談会等について掲載。
R1.8.7 第2回懇談会、第1回図書館づくり市民の集いについて掲載。
問い合わせ先
企画課市民参画交流係
TEL:0172-52-2111(内238)

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時