キーワード検索>
ホーム新着情報>2020年農林業センサスを実施

2020年農林業センサスを実施


 2020年農林業センサスは、令和2年2月1日現在で実施されます。
 令和2年1月中旬頃から、調査員が世帯(組織)を訪問しますので、調査へのご協力をお願いいたします。
調査の目的
 この調査は、我が国の農林業の生産構造や就業構造の実態を明らかにすることを目的に、5年毎に実施する農林業に関する最も基本的な統計調査です。
 全数調査として実施することから、詳細な地域ごとの農林業の実態を明らかにすることが可能であり、国だけでなく都道府県や市区町村などさまざまなところで農林行政の推進に活用されています。

マスコットキャラクター
つっちー
調査期日
 調査は、令和2年2月1日現在で実施します。
調査対象
 一定規模以上の農林産物の生産、または委託を受けて農林業作業を行う世帯や会社等の組織(「農林業経営体」と言います)に対して調査を実施します。
 黒石市では約3000世帯(組織)が対象となる予定です。
調査内容
 経営の状態、世帯の状況、労働力、作業の受託、耕地、農業生産の概況など
調査方法
 調査員が調査票を配布・回収して行う方法により行います。また、調査員の回収に替えてオンラインによる回答も可能です。
調査結果の利活用
 地方交付税の算定の際、農業行政費、林野行政費の算出に農林業センサスの農家数、経営耕地面積、林野面積等が使用されています。  また、水田・畑作経営所得安定政策や地域資源の保全管理政策、食糧・農業・農村の動向に関する年次報告などにも農林業センサスの調査結果が活用されています。
個人情報
 統計調査により集められた個人情報は「統計法」によって保護されます。
 調査員は厳格な守秘義務が課せられており、記入した調査票は集計が完了した後、溶解処分するなど、厳重に個人情報を保護していますので、ご安心ください。
結果の利用
 調査結果は、国や地方公共団体において、国民年金・厚生年金の年金額の検討、介護保険料の算定基準の検討、生活保護の扶助額基準の検討、税制改正に伴う政策効果の予測、所得格差・資産格差の現状把握、高齢者の金融資産保有状況の把握など、様々な政策に利用されます。
問い合わせ
黒石市企画財政部企画課統計係
TEL:0172-52-2111(内線237)
農林業センサスキャンペーンサイトはこちらから

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時