キーワード検索>
ホーム新着情報>2019年全国家計構造調査

2019年全国家計構造調査を実施します


 この調査は、統計法に基づく「基幹統計調査」で、国が実施する統計調査のうち特に重要な調査です。1959年以来5年ごとに実施してきた「全国消費実態調査」を全面的に見直して実施するものであり、2019年調査は13回目に当たります。
調査の目的
 日々の家計の支出や収入などをご回答いただき、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を明らかにすることを目的とする調査です。
調査の期間
 2019年10月及び11月の2か月間実施します。
 (調査の準備のため、8月中旬頃から調査員が調査地域の世帯へ訪問します。)
調査の対象
 国から指定された一部の調査地域から、調査対象世帯を抽出します。
調査事項
 市町村が行う調査は、3種類の調査票に回答をお願いする「基本調査」と2種類の調査票に回答をお願いする「簡易調査」があります。

(基本調査)
家計簿(日々の家計の支出や収入などの記入)
世帯票(世帯構成、世帯員の就業・就学状況、住宅・宅地の保有状況などの記入)
年収・貯蓄等調査票(年間収入、預貯金などの金融資産、借入金などの記入)
   
(簡易調査)
世帯票(世帯構成、世帯員の就業・就学状況、住宅・宅地の保有状況などの記入)
年収・貯蓄等調査票(年間収入、預貯金などの金融資産、借入金などの記入)
調査方法
 調査対象世帯を抽出するため、事前に調査地域にお住まいの世帯へ訪問し、世帯主の氏名などをお尋ねします。調査対象世帯となったお宅へは、後日改めて調査票を配付しに調査員がお伺いします。
 調査票の提出方法は次のとおりです。

(基本調査)※いずれかを選択
インターネット回答
調査員に提出
   
(簡易調査)※いずれかを選択
インターネット回答
調査員に提出
郵送により提出
かたり調査にご注意ください
統計調査員と偽り詐欺等を行う者に十分注意してください。
調査員は「調査員証」を着用しています。
統計調査では、銀行口座の暗証番号、クレジットカード番号の聞き取りや金銭を要求することはありません。
統計調査をよそおった不審な訪問者や、不審な電話・電子メールなどにご注意ください。
かたり調査だと思われる場合は市へお知らせください。
結果の利用
調査結果は、国や地方公共団体において、国民年金・厚生年金の年金額の検討、介護保険料の算定基準の検討、生活保護の扶助額基準の検討、税制改正に伴う政策効果の予測、所得格差・資産格差の現状把握、高齢者の金融資産保有状況の把握など、様々な政策に利用されます。
問い合わせ
黒石市企画財政部企画課統計係
TEL:0172-52-2111(内線237)

総務省統計局ホームページはこちらから

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時