キーワード検索>
ホーム新着情報>今年度末の策定に向け黒石市総合計画基本構想(案)を答申

今年度末の策定に向け黒石市総合計画基本構想(案)を答申


 11月2日、市総合計画審議会が「第6次黒石市総合計画基本構想(案)」を市長に答申しました。
 第6次となる同計画の計画期間は2019(平成31)年度から6年間で、「いくつになっても住みよいまち、次世代につなぐ故郷(ふるさと)くろいし」をキャッチフレーズに、住民主体のまちづくりの実現に向け、地域の課題をビジネスチャンスとする「コミュニティビジネス」の展開を図るための施策などを盛り込み、今年度末の策定を目指しています。
「コミュニティビジネス」とは
 「コミュニティビジネス」とは、地域住民が主体となって、「こんなモノがあれば便利、住みやすくなる、地域がよくなる」という思いから、地域の課題や問題点についてビジネスの手法を用いて解決する取り組みです。
 特徴として、
「1. 活動の主体は地区や地域住民である」
「2. 活動形態はボランティア活動と異なり、利益を生み出し事業(ビジネス)として成立させることを重視する」
「3. 地域の中で自分たちのできる規模の事業を展開する」
等が挙げられます。
 例えば、地区協議会が「コミュニティビジネス」を用いて、自分たちの地区の問題点を解決し、利益を生み出した時、その利益を地区でさらに有効活用することができます。
 それぞれの地区が「コミュニティビジネス」による財源確保の仕組みを整え、さらに行政が後押しすることにより、地域活動が充実、活性化することをねらいとしています。
問い合わせ先
担当:企画財政部企画課企画調整係
電話:0172-52-2111(内線239)

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時