キーワード検索>
ホーム観光案内特集・トピックス>「造り酒屋と地酒」

「造り酒屋と地酒」


こ み せ と 調 和 す る 店 構 え
中村亀吉酒造店 鳴海醸造店
中村亀吉酒造店 鳴海醸造店


 冬はやっぱり地酒が一番 

 最近は、ワインや焼酎などのブームで、全国的に日本酒の消費量が減少しています。本市の造り酒屋は、菊乃井・玉垂の2社があり、それぞれに伝統的な店構えで〝こみせ〟と調和し、物産のほか観光面でも一役買っています。

 明治初期の黒石は、米穀を除いてこれといった特産物がなく、良質の米と清水をあわせもっていたことから、酒造業が工業の中心でした。

 明治20年代に入ると改良酒の研究が盛んに行われ、黒石の酒は生産量や販売・宣伝面でほかに劣るものの、品質の面で着実に全国の上位に食い込むようになり、以来「黒石の酒」として名をはせています。

 当時の酒造業者は11軒ほどありましたが、現在も2社が伝統を受け継ぎ、多様化したニーズに合わせて、銘酒を造り続けています。

 「菊乃井」で知られる鳴海醸造店(中町)は、文化3年の創業で、屋号が「稲村屋」。酒名は、菊花を愛でた2代目文四郎が、その芳香を酒にとり入れたいと願い、槽口(ふなぐち)に菊の枝をおいたのが由来。

 大正2年創業の「玉垂」(中町・中村亀吉酒造店)は、甘口の酒として親しまれてきましたが、嗜好の変化に合わせて徐々に辛口へと変化。酒名は、弘前本行寺の住職が座禅を組んでいたときに、岩からしたたり落ちる水滴の甘美さに心を打たれた―という故事にちなんでいます。

 本市には、りんごに代表される物産が多くありますが、地酒も贈答品に欠かせない物産の一つ。各店ともアイデアを凝らした新酒を売り出していますので、寒くなるこれからの季節は、地酒に親しんでみてはいかがでしょうか。


店頭に陳列されている商品
菊の井
「菊乃井」
玉垂
「玉 垂」

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時