ホーム観光案内黒石ねぷた祭り>2013年黒石ねぷた祭りグラフ特集


グラフ特集  黒石ねぷた
勇壮・華麗な武者絵の競演

 力強い祭りばやしの響きと「ヤーレヤーレヤー」の勇ましい掛け声。市全体を熱気で包む「黒石ねぷた祭り」が7月30日から7日間の日程で開催され、人形と扇合わせて計64台のねぷたが出陣し、勇壮・華麗な武者絵の競演で観衆を魅了しました。

「黒石ねぷた祭り」の初日となる30日、御幸公園で出陣式が行われ、主催する(公社)黒石青年会議所の山口理事長のあいさつや鳴海市長らのお祝いの言葉に続き、鏡開きで気勢を揚げました。

夕暮れ時には、出陣を待つねぷたに灯がともり、花火を合図に次々と御幸公園を出発。勇壮な武者絵が連なる幻想的な光景に、沿道を埋めた観客は惜しみない歓声と拍手を送っていました。

 また、こみせやかぐじ広場に飾られた、市内小学校の児童が制作したねぷた灯篭も見所の一つ。明かりがともった300個の灯篭が、祭りに彩りを添えていました。



前ページへ戻る ホームページへ戻る