キーワード検索>
ホーム市のプロフィール>姉妹都市(宮古市)

もみじ 日本の国旗
岩手県宮古市
姉妹都市 韓国の国旗
大韓民国永川市
もみじ


岩手県宮古市「陸中海岸国立公園」

宮古市のホームページへ

黒石市と宮古市の位置図

姉妹都市締結年月日
昭和41年(1966年)4月1日

姉妹都市締結までの経緯
 両市は、昔から歴史的に数多くの縁で結ばれた都市であり、ともに産業・観光の振興を目標としているなど、姉妹都市にふさわしい条件が多い。
 昭和40年10月、黒石市で東北市長会総会が開催された際、姉妹都市締結について話し合いがもたれ、昭和41年2月に最終打ち合わせの後、市議会3月定例会において姉妹都市盟約締結案が可決された。
 昭和41年4月1日、黒石・宮古両市長による記念通話と同時に、姉妹都市締結調印式が行なわれた。

宮古市の概況
・人口 約61,000 人 ・市の花 ハマギク
・面積 696.82k㎡ ・市の木 アカマツ
・市の鳥 ウミネコ

宮古市は、本州最東端に位置し、黒潮と親潮の交差する三陸沖を漁場として、古くから沿岸漁業が栄えた岩手県を代表する港町で、人口は約6万1千人。
 東は太平洋に面し、他の三方を北上山系の山々と丘陵に囲まれ、山間を流れる閉伊川、津軽石川などが太平洋に注いでいる。さらに、自然が織りなす雄大な沿岸美と青く澄んだ海とのコントラストが美しい陸中海岸国立公園「浄土ヶ浜」は、日本を代表する名勝地として名高い。
 また、四季を通して新鮮な魚介類が豊富で、特にサケ類の漁獲量では、国内有数の水揚げ量を記録している。
 平成17年6月6日、田老町、新里村と市町村合併し、新宮古市が誕生する。

交流の主な動き
昭和 40年 黒石市で東北市長会総会を開催(姉妹都市締結について話し合い)
2月宮古市文化財保護委員ら2名が来黒(姉妹都市盟約締結について打ち合わせ)
41年 4月姉妹都市締結調印式
9月黒石ライオンズクラブと宮古ライオンズクラブが姉妹クラブを締結
46年 黒石地区朝野球連盟と宮古市暁野球協会が交流試合を開催
55年 黒石よされ観光キャラバンが宮古市のほかをキャンペーン
両市老人クラブが相互訪問
両市観光物産展開催(以後不定期に開催)
59年 黒石市政施行30周年を記念し、宮古市へ年輪大使を派遣
61年 姉妹都市締結20周年記念事業を年間を通じて開催
黒石青年会議所と陸中宮古青年会議所が姉妹提携
海の子山の子体験交流学習会を開催(17年度まで毎年開催)
62年 第1回サーモンハーフマラソン大会参加(以後市民ランナーを送り交流を行っている)
平成 2年 宮古市の協力で浅瀬石川を会場に「さけ稚魚放流会」を開催(平成10年まで毎年開催)
黒石商業高校と宮古商業高校が姉妹校を締結
3年 宮古市制50周年記念・姉妹都市締結25周年記念事業を年間を通じて開催
4年 三陸海の博覧会に黒石市民が参加
6年 黒石市制施行40周年記念事業を実施
宮古市民潮干狩りへ黒石市民が参加(以後平成18年度まで)
宮古ポート&シップフェスティバルで黒石よされを披露
7年 宮古市職員を講師に迎え、黒石市民を対象にサケの新巻づくり講習会を開催
(以後平成16年まで実施)
8年 姉妹都市締結30周年祝賀会を両市で開催したほか、年間を通して記念事業を実施
9年 新任宮古市長が表敬訪問のため来黒
10年 黒石市長が宮古秋祭りに参加
11年 黒石ねぷたまつり出陣式出席のため、宮古市長が来黒
12年 「リンゴとサケの街市長交流事業」を実施し、両市長の一日市長交代勤務を実施
黒石ねぷた祭りに宮古市民25人が参加
15年 宮古市広域総合交流促進施設及びタラソテラピー施設(『シートピアなあど』)落成式典出席(市議会議長・農林部長)
16年 黒石市制施行50周年記念式典出席のため宮古市長来黒
17年 姉妹都市村・友好協力都市交流会及び宮古市合併記念式典出席のため助役・市職員が訪問
18年 海の子山の子20周年祝賀会開催。宮古市長ら24人出席(津軽伝承工芸館)
姉妹都市締結40周年祝賀会を両市で開催したほか、年間を通して記念事業を実施
19年 宮古市潮干狩りに黒石市民11人が参加
20年 宮古市潮干狩りに黒石市民13人が参加
21年 宮古市潮干狩りに黒石市民24人が参加
23年 3月11日 東日本大震災発生
3月15日 宮古市への救援金受付開始(平成26年3月31日まで受付)
3月18日 救援物資を宮古市へ搬送(副市長等7人)
3月 現地調査(田老地区)のため市職員4人を派遣
4月 現地調査(津軽石地区)のため市職員5人を派遣
5月 9日 市職員の宮古市派遣開始【12月3日まで、計60人】
5月 津軽石小学校でつゆやきそば振る舞い実施
7月 「ふれあいボランティアストリート屋台村」の1回目を宮古市赤前地区で実施
10月 「ふれあいボランティアストリート屋台村」の2回目を宮古市重茂地区で実施
11月 黒石りんごまつりで、宮古商業高校が企画した、復興応援商品の飲料水「だれかのために」を宮古市長らが無料配布
24年 4月 保健師1人ずつを4ヶ月交代で1年間(4月~3月)宮古市へ派遣
24年 9月 宮古秋まつり及びみやこ産業まつりで、つゆやきそばの振る舞いと、大型こけし灯ろうを展示
10月 「ボランティアふれあいサロン」を愛宕公園・河南・西ヶ丘近隣公園・近内地区で実施
11月 「ボランティアふれあいサロン」を鍬ヶ崎おでんせ2号・荷竹農村公園・日の出・崎山地区で実施
25年 4月 市保健師を1人ずつ1ヶ月交代で8ヶ月間(4月~11月)宮古市へ派遣
6月 「ボランティアサロン活動」1回目を河南仮設集会所・西ヶ丘地区センター・おでんせプラザで実施
7月 「ボランティアサロン活動」2回目を愛宕公園仮設集会所・鍬ヶ崎小学校仮設集会所・おでんせプラザで実施
8月 宮古市森・川・海体験交流事業に、牡丹平小・浅瀬石小・中郷小の児童31人が参加
9月 「ボランティアサロン活動」3回目を宮古市総合福祉センターで開催のみやこわくわくまつりにて実施
10月5日~6日 宮古市産業まつり(シーアリーナ)で黒石つゆやきそばの無料振る舞い及び宮古駅前で大型こけし灯ろうを展示
10月12日~13日 田老地区体育大会で大型こけし灯ろうの展示、屋台村(「ボランティアサロン活動」4回目として実施)及び黒石つゆやきそばの無料振る舞いを実施
10月31日 宮古市町内自治会連合会の13人が視察研修のため来黒し、上十川地区振興協議会と意見交換
11月 「ボランティアサロン活動」5回目を田鎖仮設集会所・日の出町仮設集会所・おでんせプラザで実施
26年 1月30日 救援金の25万円を宮古市長へ贈呈(送金額計1,135万円)
4月 「姉妹都市宮古市救援金」を「姉妹都市宮古市津波遺構保存基金寄附金」に移行
6月 「ボランティアサロン活動」1回目を宮古駅前での復興市、愛宕小学校仮設集会所、オデンセ2号集会所で実施
7月1日 黒石市制施行60周年記念式典及び祝賀会に山本宮古市長、宮古市議会議長以下議員25人及び宮古商工会議所会頭が出席
7月2日 山本宮古市長から鳴海黒石市長へ100万円の寄附金を贈呈
7月26日 宮古市との初の共同開発商品「宮黒サイダー」発売開始
「ボランティアサロン活動」2回目をおでんせプラザ・鍬ヶ崎仮設住宅・清寿荘隣接仮設住宅で実施
9月7日 「ボランティアサロン活動」3回目を宮古市総合福祉センターで開催の、みやこわくわくまつりにて実施
9月27日
28日
宮古市森・川・海体験交流事業に、浅瀬石小、中郷小、黒石東小、東英小の児童20人が参加
10月4日
5日
宮古市大産業まつりにて金魚ねぷた(折り紙)制作コーナーの設置及び黒石つゆやきそばや黒石市物産を販売
10月12日 田老地区体育大会で屋台村の実施(「ボランティアサロン活動」4回目として)及び黒石つゆやきそばを販売
10月18日
19日
宮古市への『心の復興支援(スポーツ交流編)』事業として、宮古市から野球・テニス・ソフトテニスの各団体から計61名が来黒し、交流会及び交流試合を実施
11月8日 「ボランティアサロン活動」5回目をおでんせプラザ・河南仮設住宅・清寿荘隣接仮設住宅で実施
27年 2月14日
15日
黒石市・宮古市職労青年女性部交流会に宮古市から19名が参加
4月24日 宮古港開港400周年記念式典・交流会に黒石市長が出席
「宮古市津波遺構保存基金」への寄附金20万円を宮古市長へ贈呈(送金額計1,155万円)
6月27日 「ボランティアサロン活動」1回目をグリーンピア三陸みやこグラウンド仮設集会所、よっとでんせ、おでんせプラザで実施
7月28日
   29日
宮古市森・川・海体験交流事業に、黒石東小、牡丹平小の児童34人が参加
9月5日 「ボランティアサロン活動」2回目を磯鶏(実田)災害公営住宅、おでんせプラザで実施
10月3日
4日
宮古市大産業まつりにて、金魚ねぷた(折り紙)制作コーナーの設置及び黒石つゆやきそばや黒石市物産を販売
宮古市への『心の復興支援(スポーツ交流編)』事業として、宮古市へ卓球・バドミントンの各団体から計27人が参加し、交流会及び交流試合を実施
10月11日 田老地区体育大会で屋台村の実施及び黒石つゆやきそばを販売
11月7日 「ボランティアサロン活動」3回目を西町公営住宅、児童相談所仮設住宅、おでんせプラザで実施
28年 3月11日 東日本大震災五周年追悼式に黒石市長が出席

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時