キーワード検索>
ホーム企業誘致・計画黒石市中心市街地活性化基本計画>基本計画の作成の目的

基本計画の作成の目的


 市は、平成10年6月に成立した「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律」(平成10年法律第92号)に基づく基本計画を作成いたしました。(略称中心市街地活性化法又は中活法)

 これは、郊外への大型店の進出等により、全国的に中心市街地の衰退が進行しており、当市においても空き地・空き店舗が多数発生し、空洞化が急速に進行しています

 中心市街地は、黒石市の歴史・文化を育んできた場としてだけでなく、市の顔ともいうべき場所ですので、再活性化をめざして計画を作成したものです。
黒石市中心市街地活性化基本計画

 基本計画作成のため、黒石市中心市街地活性化基本計画作成委員会を設置し、平成10年11月から委員会3回・作業部会5回・商業者ヒアリング1回、計9回の会議において下記の計画書が作成されています。

1 「こみせ」について
 江戸時代中期から建築された、現代の言い方をすると木造のアーケードです。当市は、寒冷で雪も多いことから、冬の吹雪から歩行者を守ってくれるほか、夏の強い日差しからも守ってくれます。新潟方面から伝えられたといわれており、雁木(がんぎ)と同じものです。江戸・明治・大正時代に建築された「こみせ」が市街地に残されています。


2 「かぐじ」について
 商店街は、間口が狭い割に奥行きが長いところが多いようです。その裏地は、庭園や畑として利用されてきましたが、最近では空き地となっているところが多いようです。津軽地方ではこの裏地を「かぐじ」と呼んでいます。


黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時