キーワード検索>
ホーム産業・しごとお知らせ>生産性向上特別措置法(お知らせ)

生産性向上特別措置法(お知らせ)


◇生産性向上特別措置法とは
 この法案は施行後3年間(平成30年度~平成32年度)、中小企業への設備投資を集中的に行うための国の施策です。国が定める先端設備の導入促進指針に基づき、市町村が基本計画を作成します。その基本計画に基づき、中小企業者が先端設備導入計画を作成・申請し、市町村が中小企業の先端設備導入計画を認定することで、固定資産税の減免及び補助金審査時の加点が行われます。
◇対象者
中小企業者等(資本金額1億円以下の法人、従業員数1,000人以下の個人事業主等)のうち、先端設備等導入計画の認定(労働生産性3%以上向上、市町村計画に合致)を受けたもの(大企業の子会社を除く)
◇対象地域
国から導入促進基本計画の同意を受けた市町村
◇対象設備
生産性向上に資する指標が旧モデル比で年平均1%以上向上する下記の設備
【減価償却資産の種類(最低取得価格/販売開始時期)】
 ●機械装置(160万円/10年以内)
 ●測定工具及び検査工具(30万円/5年以内)
 ●器具備品(30万円以上/6年以内)
 ●建物附属設備(家屋と一体となって効用を果たすものを除く)(60万円以上/14年以内)
 (※生産、販売活動等の用に直接供されるものであること/中古資産でないこと)
◇特例措置
生産性向上特別措置法に基づく市町村の基本計画に対象となる償却資産の固定資産税をゼロとする特例を措置する旨を表明した場合、下記補助金の採択審査時に加点対象となります。
黒石市においても課税標準をゼロとする方向で検討中です。
(現在公募中の補助金の中には「先端設備導入計画」の認定申請を行う予定がある旨を記載すると、審査時の加点や補助率アップとなるものがあります。)
補助事業名 概要 受付締切
ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業(通称 ものづくり・サービス補助金) 中小企業が生産性向上に資する革新的サービス開発・生産プロセス改善を行う際の設備投資を支援 H30.4.27(金)(現在公募中)
小規模事業者持続化補助金(通称 持続化補助金) 小規模事業者が、商工会・商工会議所と経営計画を作成し、販路開拓を行う取組を支援 H30.5.18(金)(現在公募中)
戦略的基盤技術高度化支援事業(通称 サポイン補助金) 中小企業が大学・公設試等と連携して行う研究開発、試作品開発及び販路開拓を支援 H30.5.22(火)(現在公募中)
サービス等生産性向上IT導入補助金(通称 IT補助金) 中小企業等の生産性向上のため、業務効率化や売上向上に資する簡易的なITツール(ソフトウェア、アプリ、クラウドサービス等)の導入を支援 H30.4.20(金)~H30.6.4(月)<予定>
◇今後のスケジュール<予定>

5月中:生産性向上特別措置法成立・公布
6月中旬~7月上旬:生産性向上特別措置法施行


6月上旬~7月上旬:生産性向上特別措置法に基づく条例を制定、施行

事業者
7月上旬~:計画の申請

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時