ホーム文化財・遺跡>渋川 伝次郎(1/6)


りんご復興の大号令者 渋川 伝次郎(しぶかわ でんじろう)

声の大きい男
 うだるような暑さの夏の昼さがり、死んだような静けさの山道を登って来て、ふと立ち止った。音がするのである。たえまなく続いているので気がつかなかったが、じゃわじゃわ、じゃわじゃわ、異様な音がする。さて、これはなんの音だ?登って来た人はあたりを見まわした。そして髪が逆立ったかと思うほどびっくりした。毛虫なのだ。毛虫がりんごの木に群がって葉を食っているのだ。広いりんご園の木全部が無数の毛虫の食害にあっていたのだ。
 あまりのひどさに、その人は逃げるようにそこを去ったが、もし彼が呆然と見続けていたら、もっと恐ろしい光景を目にしたに違いない。葉を食いつくした毛虫の大群が、道を隔てた隣のりんご園に移動するのである。黒い大きいじゅうたんがもくもく動いていくような異様な光景に恐怖の声をあげたであろう。
 1945(昭和20)年敗戦で降伏した年の、手がまわらないで放棄されたりんご園の姿はこのようなありさまであった。戦争に男手をとられ、農薬や肥料の配給は全くなく、荒れるがままにするほかなかったのである。この年の青森県の生産量はわずかに3万6千トン。平和な時代の平年作の10分の1でしかなかった。
  りんごは津軽の山村の農民生活を一変させた金(かね)のなる木であった。昔の山の民の生活というものは、北も南もない、一様に貧しいものだった。

それが津軽の山村だけは、あれよあれよという間に、よい家が建ち土蔵が建ち、石倉まで建つようになった。それはりんごのおかげである。もう一度その生活を取り戻さねばならぬ。人々はいっせいにりんごの復興を願った。さてどうすればいいのか。戦争は終わっても物資の欠乏はむしろひどくなるばかりだ。
 この時、彗星のように一人の男が現れた。「害虫や病気で弱った木は切って焼いてしまえ。」
「残った木を大事に育てよ。」
「守る姿勢だけではだめだ。新たに畑を開いてどんどんりんごを植えろ。」
 その男は、自信に満ちた態度で、わかりやすい言葉で、大きい声で、人々を励ました。実際その声は千人の大衆にマイクなしで話しても、隅々までよく通るほどの大声であった。
 もともと、彼は県農業会の優秀な職員として、関係者の間では注目されていた。そして今、りんごの荒廃から立ち上がり、再びりんご王国青森を築こうという機運の中でリーダーに押しあげられて、その豊かな経験と秀れた素質が一気に開花したのであった。そして、りんご120年の歴史に、昭和戦後りんご復興の祖という名を刻むことになったのである。その名を渋川伝次郎、人呼んで渋伝。敬称も渋伝先生といわれるくらい、人々に親しまれ敬愛された。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る