ホーム文化財・遺跡>小川 文代(1/6)


日本初の女性生物学者 小川 文代(おがわ ふみよ)

 1938(昭和13)年2月、小川文代は東北帝国大学(現東北大学)より「蚯蚓ミミズ生よに至る迄の神経系統に関する研究」で理学博士の学位を受けた。女性としては東北帝大第1号であり県人としては平内町の※畑井新喜司はたいしんきじ博士や野辺地町の※野村七緑のむらしちろく博士に次ぐもので、生物学研究の分野での女性の学位号は小川文代が日本最初の人であった。
 小川文代は結婚前は石原姓だった。1902(明治35)年4月2日、父石原弘・母たけの長女として生まれた。石原弘は富山県の聖地立山や黒部ダムのある中新川郡の医師の家の二男として生まれた。東京の済生学舎で医学を学び、軍医となって津軽へやって来、まもなく南津軽郡柏木町の豪農の娘後藤たけと結ばれた。文代が生まれた時、父弘は27歳、母たけは18歳だった。
 この頃一家は黒石町の市ノ町42番地(現市役所の北側駐車場のあたり)に住んでいた。

※畑井新喜司→旧黒石藩士の家に生まれ白ネズミ研究で大正14年帝国学士院賞受賞、東北大学教授、日本家政大学学長となる。浅虫に東北大附属臨海実験所をつくり、昭和天皇の生物研究指導者としても有名。
※野村七録→東北大学教授、弘前大学学長となる。陸奥湾のホタテの基礎研究で有名。
文代は1909(明治42)年、黒石尋常じんじょう小学校に入学し、1915(大正4)年、第6学年を卒業しているが全学年トップであり、最終の6年生の時も唱歌だけ9点であとは修身から体操・手工・裁縫にいたる10教科が10点である。そして弘前市にある青森県立弘前高等女学校(現県立弘前中央高等学校)に入学し、1919(大正8)年同校を第16回生として卒業した。
 石原医院は1918(大正7)年、弘前市山道町24番地へ移転した。しかし分院の形で市ノ町の医院は残し、のち養女花が経営する。この頃の石原家について三女の野村萬千代のむらまちよ(青山学院大学教授)は次のように語っている。

 父は軍医として日露戦争に従軍したことによって、医者としての自分の人生は常に平和と、生命の大切さを人々に教えることだと心に深く刻みました。そのためにはまず自分自身の医術を高めなければと、毎年夏には休暇を作って東京の北里研究所に勉強に出かけました。その帰郷の時に私は美しい幅の広い外国製のリボンをおみやげにもらい、美しい箱に入れてよく友達に見せたものです。
 あとで弟たちが生まれましたが、上は女だけ5人でした。まだ女に学問はいらないと思われていた時代でしたが、父は女性も人間として勉強しなければならないこと、また社会人として、さらに世界人として全人類と対等に交際していかなければならないという信念をもって全員を女学校に通わせました。


(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る