ホーム文化財・遺跡>盛 秀太郎(1/6)


この国随一のこけし作り 盛 秀太郎(もり ひでたろう)

 盛秀太郎の生家は村内でも有数の旧家であり、農業のかたわら代々、木地業(きじぎょう)(木彫材料の木を荒挽(あらび)きし、盆や椀など塗り物でない木地のままの日用器物を作ること)を営んでいた。温湯村(現黒石市)は、古くから湯治場として知られ、農閑期を利用して湯治する人が多かった。
 共同浴場を取り囲むように立ち並んでいる客舎は、冬場になるとにわかに活気を呈(てい)するのだった。なかには北海道南部や秋田地方からの湯治客も珍しくなかった。
 盛家ではこの湯治客のお土産(みやげ)や日用品として、しゃもじ、杓子、煙草盆、ろうそく台、高盃(たかつき)、子ども用としてはズグリ、変わったものとしては、竜頭(投網(とあみ)の頭に用いるもの)、砧(布地を打ちこなす台)に使う木槌(きづち)などを主に製造していた。
  秀太郎少年は小学校時代はなかなかの俊才で成績は常にトップクラスを占めていた。小学校を卒業すると、郡立農学校に入学した。郡立農学校跡は、現在の青森県立農業試験場である。4年制の義務教育すらうけることのできなかった児童もいた当時としては、むしろ恵まれた少年期であった。秀太郎が農学校2年生の時、父元吉が急逝した。長男の秀太郎は、家業を継がねばならなかった。その頃、父元吉はりんご園を大規模に経営していたが、1908(明治41)年、津軽地方はモニリヤ病におそわれ、ほとんどのりんご園が皆無作になった。元吉のりんご園も被害をうけ、生計も苦しく、父の病気と重なり、これらの重荷がたちまち秀太郎の肩にのしかかってきた。

 しかし、生活苦と戦いながら、持前の不屈の精神を発揮し、多くの家族をかかえながら木地屋としての技能を身につけた。
 生来、器用な秀太郎の作った木製品は評判も良かったが、生活は楽ではなかった。
 秀太郎が22歳の時である。親戚づきあいをしていた西隣りの黄檗宗(おうばくしゅう)薬師寺住職の義弟の佐々木という宮城県立佐沼中学校の生徒が、薬師寺を訪れた際、その地方のこけしを秀太郎に見せ、こけし作りをすすめた。好奇心の強かった秀太郎は、伝統的な湯治場産業としての土産作りに、あきたらなさを覚えていたので、こけし作りに挑戦した。
 この国随一のこけしの始まりである。
 1918(大正7)年6月、秀太郎は常盤村榊(さかき)の高木という農家から、スナを妻に迎えた。スナは数え年18歳。当時は結婚年齢が早く、農村地帯では小学校も満足に終えずに、16、7歳で嫁ぐのが普通であった。スナを迎えた半年後の12月、父元吉が亡(な)くなった。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る