ホーム文化財・遺跡>吉田 昌一(1/6)


緑の革命の旗手 吉田 昌一(よしだ しょういち)

 黒石高校定時制課程の第一回卒業生吉田昌一は、熱帯稲作の救世主といわれる。1984(昭和59)年1月31日の朝日新聞第1面コラム欄「天声人語てんせいじんごは次のように書き出した。
「アジアの米づくりに大きな足跡を残した吉田昌一さんが亡くなった。53歳だった。ドクター・ヨシダの死を悼(いた)むアジアの農業関係者の数は少なくない。
フィリピンにある国際稲研究所(略称IRRIイリ)の植物生理部長として、稲の生理の研究では世界の第一人者といわれた人である。アジア各国をめぐり歩き、泥にまみれて米づくりの障害を追求した実践的研究者だった。
東京の下町に育ったが、戦災で家を焼かれ、戦後まもなく次々に父母を失った。窮乏きゅうぼうに耐えて定時制高校に通い、独力で北大を卒業した。『後ろを振り返らず、常に前へ進む人でした。』とよし子夫人はいう。
 18年前、農林省(現農林水産省)からIRRIに転じた。IRRIは『奇跡の米』といわれた多収穫米の品種を開発したが、吉田さんは品種の改良だけでは限界があることを見抜いていた。各国の農場を回り、@土壌の亜鉛不足で不作になる地域がある。A開花期の酷熱に問題があるからそれをずらす工夫をする。Bかんがいの基盤整備をなどと説いた。その助言が実った例は数多い。」と功績をたたえた。
 
吉田の指導で土壌中の亜鉛不足を発見した韓国の学者は、韓国稲作の収量を大幅に増やした功で韓国大統領の特別賞を受けた。
「天声人語」はさらに同年7月24日に、よし子夫人が中心となってつくった「吉田昌一記念基金」について次のように語っている。
「今年1月、がんで亡くなった吉田昌一博士のことを、本欄で書いたことがある。フィリピンにある国 際稲研究所(略称IRRI(イリ))の幹部として、アジアの『コメの革命』に貢献した人だ。稲の生理の研究では世界に名を知られた学者である。その吉田さんを記念した『基金』が近く誕生する。」
 また、「ドクター・ヨシダは常に私たちを理解し、尊重してくれた。ドクターは私たちの心に永遠に生き続ける。」そういって、IRRI職員のフィリピン人たちは死を悼んだ。面倒見のいい人だった。
 病状が悪化して、自宅で点滴治療をうけるようになっても、職員の給料をめぐる重要な会議のときは出かけて行った。「上にいて、人の面倒を見る立場のものがその責任を果たさないのは犯罪だ。」と強い調子で夫人に言ったことがある。
 昌一はまた国際人らしく、ことばの使い方に気を配った。「私の論文(英文)を読んで辞書を使ったことがあるかね。」と、IRRIの研究者にたずねたことがある。「だれもが明確に理解できるように明快なことばを選ぶこと」を常に力説した。
 基金はアジアの、特にフィリピンの若者の奨学金に使われる。「アジアの未来をささえるのは農業である。そして熱帯の国々は未来の世界の穀倉地帯になりうる」という吉田さんの信念をうけつぎ、基金は、熱帯農業の研究を志す学生を対象とした。現在この基金で10名のフィリピン青年が大学で学んでいる。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る