ホーム文化財・遺跡>宇野 要三郎(1/6)


大審院刑事部長となった 宇野 要三郎(うの ようざぶろう)

 黒石市は1958(昭和33)年に「名誉市民条例」を定め、わが国の文化推進に貢献してその活躍が人々から認められ尊敬を受けている人の中で、黒石市に縁のある人を名誉市民に推戴すいたいすることにした。市議会で審議を重ねた結果、その第1回、初めての施行にあたり、宇野要三郎は秋田雨雀と共に黒石市最初の名誉市民に推せんされ、1960(昭和35)年1月1日付で当時の市長高樋竹次郎より推戴状が贈られた。
 要三郎はおだやかでまじめな上、人情に厚く、うわべはやさしく見えるが、心の中にはしっかりとしたものを持っていた。子どもの時からものの見方が鋭く、正しくないことはきらいで、普通の子どもとは少しちがっていた。
 1885(明治18)年、六郷尋常じんじょう小学校(現六郷小学校)に入学し、その後黒石高等小学校、弘前中学校(現弘前高等学校)を出て仙台の第二高等学校(現東北大学)に進み、更に京都帝国大学(現京都大学)を1904(明治37)年に卒業した。その後はすぐ司法界に入って裁判官の道を進み、ついに大審院(明治憲法下で、通常の裁判所中最上級審の裁判所。長は判事の中から天皇が決める。現最高裁判所。)刑事部長に就任した。退いてからは、国家公安審査委員会委員長となった。
 この間に、わが国最初の陪審裁判準備のため、欧米各国に渡って制度の調査にあたり、制度を取り入れてからはその最高の権威者となった。
 また、40数年間法廷の仕事を担当して、扱った事件の中には難事中の難事も数多く含まれている。要三郎は判事として、いつでも清い心で欲のない公正な取扱いの仕方を貫き通し、わが国裁判史上輝かしい一ページを飾っている。これらの業績は、私達市民にとっても大きな誇りとするものである。
 また、修養社(現青森県学生寮)が建設されてすぐその理事として選ばれ、やがて理事長となって郷土の子弟の教育にあたるため、率先して物心両面の協力と指導を行ったので、今なお慕っている者が多い。
 要三郎は、スポーツにおいてもやり出せばどこまでもやりとげる人だった。中学時代には柔道・剣道に野球を好み選手として活躍し、高等学校時代はボートの選手、大学時代にはテニス・乗馬をたしなんだ。裁判官時代はもっぱら弓道に励み、弓道界初の最高位十段を贈られ、全日本弓道連盟会長となった。
 宇野要三郎は、1878(明治11)年9月に、黒石市大字上十川字留岡に、父宇野清左衛門と母りちの二男として誕生した。長女みよ、二女ふよ、長男勇作、三男要五郎の五人兄弟である。
 父清左衛門は大地主で、県下でも有数の多額納税者であり、1914(大正3)年に貴族院議員に当選した政治家でもある。1890(明治23)年から1923(大正12)年までは、貴族院議員に立候補するための有資格者(大地主)は県下で15名だったが、加藤宇兵衛と鳴海久兵衛と共にその中に入っていた。
 

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る