ホーム文化財・遺跡>小林 不浪人(1/6)


川柳王国青森の基礎を築いた 小林 不浪人(こばやし ふろうにん)

 中野神社は、もみじの名所として黒石近郷に名高い。その中野神社の境内の一隅に青森県を「川柳王国」と言わしめるほどにした小林不浪人の句碑が立っている。 碑の表には二つの川柳が刻まれている。

   あきらめて歩けば月も歩き出し 不浪人
   動中 に静を求めて煙草の輪   不浪人


 人間は多くの煩悩ぼんのう(悩み・迷い)を持っている。そして、その煩悩を断ち切ろうとまた悩む。口語短歌で知られる鳴海要吉は次のように歌う。

   あきらめの旅ではあった磯の先の
   白い灯台に日はしていた


 煩悩を断ち切る一つの手段はあきらめである。手段ではない。どうにもならなくなって人はあきらめる。あきらめようとするが、思いは残る。要吉はその思いを尻屋崎しりやざき孤高ここう白亜はくあの灯台に託した。不浪人は月にその思いを懸(か)けたのである。満月であったか、半月であったか、いずれにしても、お月様は優しい。「よし、あきらめよう。」と決心し、天を仰ぐとお月様が僕を見ている。僕が歩くとお月様も一緒に歩いてくれる。「あきらめて」の句はそんな心境を17字音じおんにしたのではないか。どんな煩悩かは知らないが、煩悩を持つ「人」の共感を呼ばずにおかない。
 「動中静あり」という言葉が昔からある。騒ぎや多忙たぼうの中にあっても冷静でなければならないという教えである。戦国の世の武士が好んだ言葉である。今の時代でも、仕事は戦争のような所がある。無我夢中で仕事をし、息つく暇も無い。また、一つのことに夢中になって行き詰まってしまうことがある。そんな時「まあ、一服しようじゃないか。いい考えが浮かぶかもしれない。動中静ありというではないか。」と煙草を取り出し、ゆっくり火をつけ天井をあおいで、煙の輪を吹き上げる。「動中静あり」の句はそんな時の心情をうたったものであろう。
 現在、たいていの新聞、雑誌に「川柳欄せんりゅうらん」がある。
 その川柳を見ると、17字音の中で、世の中のありさまやできごとの真相を掘りおこして皮肉ったり、滑稽化こっけいか化しようとしていることに気付く。17字音でつくられているから俳句のようであるが俳句とは感じがちがう。
 川柳家の三浦三郎(さぶろう)は「川柳入門」の中で、川柳を次のように解説している。
 川柳は18世紀中頃、柄井川柳からいせんりゅうによって短詩型の文芸の一つとして確立した。(川柳の名称はここから始まる)武士・農民・町人の身分や教養に関係なく、自由な発想のもとに社会の矛盾むじゅんなどを詠むことができる川柳は、江戸時代に大衆の文芸として盛んになっていった。
 しかし、大衆によって簡単に作れる川柳は、やがて言葉遊びに流れていく。文字や言葉、また事柄の似ている点やその反対のことを、ことさらにふざけて、駄洒落だじゃれを乱用して笑わせようとする川柳(狂句と言った)が流行し、それが約100年ほど続いた。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る