ホーム文化財・遺跡>丹羽 洋岳(1/5)


ランプの宿の歌人 丹羽 洋岳(にわ ようがく)

祝福された出生
 幻想的なランプの宿青荷温泉、いまや全国的に有名だが、この青荷温泉を開発した丹羽洋岳はすぐれた歌人でもあった。
 山深い渓谷から外界に出ることもなく84年、いのちの終るまでランプの宿を守り、山峡の美しくまた厳しい自然と揺れ動く情念を短歌の形で格調高くうたいつづけた丹羽洋岳とはどんな人だったのか。
 1890(明治23)年、洋岳は黒石市板留に父小一郎、母つるの長男として生まれた。本名は繁太郎、古くから板留温泉に客舎をいとなむ丹羽家に、みんなの祝福を一身にあつめて生まれたのである。

   運命の※寵児  ちょうじのごとく生れけり
         さくら咲き咲く春のみやまに
              ※寵児…特別にかわいがられる子ども


 すくすくと育って6歳になり東英小学校に入る。成績が抜群だったので親は黒石の高等小学校に進学させることにした。その当時東英小学校には尋常科4年生までしかなかった。義務教育は4年だった。
 板留から黒石までは13キロ、交通不便な当時のこと、徒歩通学は無理だったので、黒石八幡宮の宮司である佐藤家に下宿した。成績が大変すぐれ、ことに理科が得意だった。また、色白な美少年だったから「丹羽のアンサマ」と呼ばれみんなに可愛かわいがられた。
 ところが、11歳のこの少年をある日突然病魔が襲ったのである。発熱がひどく、毎夜全身がキリキリと痛み、少年を眠らせなかった。治療の効果がうすく、後遺症のため下肢の発育が大変おくれ、指先も自由がきかなくなった。
 もちろん学校は退学、家の中に毎日こもりきりの生活となってしまった。
 外出もできない病者の常で、少年は次第に小説や詩そして短歌の本を読みふけるようになった。なかでも短歌には心がひかれ、自分で作歌するようになったのは14歳のときだった。
 東奥日報社の文芸欄に投稿入選、生まれて初めて自分の作品が新聞紙上にのった時、少年は最高のよろこびを味わった。病苦と闘う心に希望の灯がともった繁太郎は、草一とか田代駒一などというペンネームをつけて意欲をもやした。
 平賀町の歌人仲間の柏葉吟社はくようぎんしゃに入り作品を発表した。
 1905(明治38)年、16歳のとき、黒森山浄仙寺の黒森学校に入学。ここは1829(文政12)年、浄仙寺の開祖山崎是空が開いた寺子屋の発展したものである。
 寺子屋は学問ばかりでなく精神教育にも力を入れ、礼法はもちろん人間形成のための修練もきびしく行った。特に黒森学校は津軽地方一帯の青少年をあずかり、その育成に尽くしたことで黒石の歴史に残っている。
 洋岳は、是空の高弟で親戚にあたる丹羽寂導にみっちり2年の間指導を受けた。

      僧寂導骨を埋むる石洞を作り
      厳しき行者とも成る


 仏に仕える厳しい修行の様をまのあたりに見た洋岳の驚きと感動が伝わってくる。

(1/5)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る