ホーム文化財・遺跡>秋田 雨雀(1/6)


真実を求め続けた良心的存在 秋田 雨雀(あきた うじゃく)

 1933(昭和8)年6月、雨雀の文学活動や演劇活動をたたえる200人余りの友人・仲間が集まり、「雨雀生誕50年祝賀会」がにぎやかに開かれていた。雨雀はその席上、「私は今日の会合は私個人のためにされるものとは考えない。私は同志的感情をもって諸君に感謝する。私は将来も一人の作家として活動を続けたい。例え、小さな作家としてもロマン・ローランや、アンリ・バルビュス達(ともに同時代のフランスの小説家であり平和運動家である)がヨーロッパの良心として立っているように、日本社会に於ける一つの良心的存在として生きて行きたい」と謝辞を述べた。
 全世界に暗雲が垂れ込めていた時代である。日本が、世界平和の国際機関である国際連盟から脱退したのは昭和8年であり、世界の孤児になっていこうとしていた。ドイツでは、ヒトラーが独裁政権を握り、自由への弾圧と隣国への武力侵略を始めようとした。日本国内でも既に思想・言論・結社の自由が制限されていた。雨雀の脳裏(のうり)には、決して平坦ではなかった自分の歩んで来た道と、これから歩んでいかなければならない暗黒の世界と、その中に立つ小さな自分の姿が影絵のようにあった。
 雨雀の脳裏のうりには、決して平坦ではなかった自分の歩んで来た道と、これから歩んでいかなければならない暗黒の世界と、その中に立つ小さな自分の姿が影絵のようにあった。
1883(明治16)年から1962(昭和37)年まで79年の雨雀の生涯の大半は、戦争の中にあって暗く、そして変動の激しい時代であったが、その中で雨雀は、詩・小説・戯曲(ぎきょく)・童話の作家として、また舞台芸術や評論の幅広い文化活動を通し、まさしく良心的存在として一灯(いっとう)をともし歩き続けた人であった。
 雨雀は1883(明治16)年南津軽郡黒石町大字前町38番地(現在の黒石市大字前町17番地)に生まれた。現在の山形町と前町が交わる十字路のあたりが17番地である。むかしは、市役所前の通りはなく、今の十字路は丁字路であったから、その突き当たりの辺に雨雀の生家があったことになる。市役所前の新しい道路を通す時に雨雀の生家は取り払われたので、現在はない。
 雨雀の本名は徳三とくぞうという。父の名は弦庵げんあん、母の名はまつである。 
 雨雀という名について「病弱で臆病な子供であったので、自分を卑下ひげする気持ちで『雨雀』と呼んだ。これが後でペンネームになった。」と自ら年譜に書いている。
 父玄庵は、雨雀が生まれたとき、眼疾がんしつで既に失明していた。しかし、玄庵は失明した後に医学、産科学等を学び、黒石近辺でもっとも信頼される産科医となり、人々は玄庵を「おぼこ赤ちゃんの神様」と呼んだほどであった。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る