ホーム文化財・遺跡>クララ 川村 郁(1/6)


へき地教育の母 クララ 川村 郁(かわむら いく)

 平賀町善光寺平ぜんこうじたい開拓地に、大木平おおぼくたい小中学校善光寺平分校が開校したのは、1955(昭和30)年10月クララ川村 郁
22日である。

 当時黒石市立六郷第二小学校(現上十川小学校)の教師をしていた川村郁は、かねてからへき地教育への情熱を燃やしていたので、強い反対をする母親を説得し、自ら善光寺の山へ行くことにした。
 ここは夏でも薪炭材を運搬するトラックが入るだけで、冬になれば全く交通が途絶えてしまう山奥の開拓地である。川村郁はこの地に生きる恵まれない人達のために一生をささげようと決意したのである。
 1951(昭和26)年に、弘前のカトリック教会で洗礼を受け、クララというクリスチャンネームを授けられ熱心なキリスト教信者でもあったので、身も心もへき地にささげる覚悟はできていた。善光寺平では日中は子どもに勉強を教え、放課後は人手がなくて困っている家族の農作業の手伝いをし、夜は主婦達に料理を教える等、すべて恵まれない開拓地の人々の心のよりどころとなって働いた。
 後にその業績が「第二のありの街のマリア」とも言われてカナダまで知れ渡った。「蟻の街のマリア」とは、終戦後、東京でくず拾い等をして極めて貧しい生活をしていた人達の住むバタ屋部落に入り、暮しを共にしながらほほえみを忘れず、人々の心の支えとなって働いた北原玲子きたはられいこのことである。
 しかし仕事の無理が出てきて、2年後には糖尿病と眼病におかされて下山しなければならなくなった。弘前大学や神戸医科大学の病院等で5年間の闘病生活をしたかいもなく、1962(昭和37)年11月27日帰らぬ人となってしまった。35歳だった。
 川村郁は、1927(昭和2)年東津軽郡蓬田村よもぎたむらで、父文行、母たまの長女として生まれた。6男4女という兄弟姉妹の多い家族の中で育ったせいか、誠実でやさしく世話好きな反面、思ったことは努力して最後まで成しとげる気の強い女の子でもあった。
 父は教員であり、転勤する度に教員住宅に移り住む生活を繰り返していたし、兄2人も師範しはん学校(先生になるための学校)に入って教職を目指していたという教育一家に育った。ところが、父が1941(昭和16)年に48歳で死去したことから、11月に母の実家がある黒石市山形町に引越して来た。そしてここから弘前高等女学校(現弘前中央高等学校)に通い、成績優秀で卒業し、1944(昭和19)年4月からすぐ中郷国民学校(現中郷小学校)で教員生活の第一歩を踏み出した。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る