ホーム文化財・遺跡>松井 禮七(1/6)


卓球会の恩人 松井 禮七(まつい れいしち)


「黒石卓球界の最大の恩人は誰であるかと問われれば、ちゅうちょなく、それは松井禮七氏であると答える。」棟方守貞むなかたもりさだ先生の言葉である。
 棟方先生は長く教職にあり、黒石市教育委員長も務めた人だが、なによりも卓球界の草分けとして、82歳の今日なお、かくしゃくとして後輩の指導にあたっている。その棟方先生が「大恩人」と呼ぶのだから、松井禮七の果たした先覚者としての役割は大きい。
  松井禮七は1887(明治20)年5月15日、黒石市赤坂に生まれた。宇野兵三郎、みちの五男である。兄に宇野律五郎、宇野海作がいる。1913(大正2)年黒石市横町の薬種商、松井七兵衛の養子となり、後に松井七兵衛を襲名する。旧制八戸中学校から東京歯科医学専門学校に学び、卒業後は同校の教授となるが、学生時代は卓球選手として活躍し、東歯チームの第一次黄金時代を築き上げる。
 1914(大正3)年、東歯コートで第7回東京連合ピンポン大会が開かれた。その時の松井禮七の奮戦記を、「東京歯科医専卓球部創立20年史」(昭和9年4月発行)から写し取ってみる。
 東歯選手は折り重なって討死してゆく。決勝戦近くなってみると、わが輩ただ一騎。剣は折れ鎧のそでが千切れるとも、最後の一人まで首をかきあげれば、己がたてに乗って帰らんと、悲壮なる決意は遂に私をして栄冠を得せしめた。『壁』というニックネームがつけられたのはこのときである。
 講談調の語り口は松井禮七その人の文章だが、「試合は技のものに非らず、心のものなり」と強調するのもまた禮七その人であった。
そして禮七は、日本卓球界草創期の指導的役割を果たすことになるが、1919(大正8)年には「第1回連合卓球大会」が東京日々新聞社(現在の毎日新聞社)の後援で開かれた。大新聞社が卓球大会を後援するのは初めてのことで、大きな反響を呼んだが、これが実現したのは松井禮七の奔走による。この大会では、時の東京市長田尻稲次郎博士がサーブを松井がレシーブをして始球式を行なった。卓球大会の始球式はこれまた初めてのことである。
 1921(大正10)年、当時、大日本卓球協会副会長で、東京歯科医専の教授であった松井禮七が来青した。そのころの卓球といえば、板のラケットでショート一点張りであったが、禮七はロングやカットなどという最新技術を持ち込み、科学的な指導を行ったのである。本県卓球界にとっては、まさに一大転機を迎えたといってよい。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る