ホーム文化財・遺跡>綾川 五郎次(1/6)


快男子 綾川 五郎次(あやがわ ごろうじ)

 綾川五郎次、本名村上要作。父専蔵、母まきの二男として1883(明治16)年11月2日、黒石市上十川に生まれた。
小学校を卒業してまもなく、黒石市前町の呉服商、マルニ鳴海作兵衛商店に奉公する。現在のマルニ商店である。そのころのマルニ商店は黒石きっての豪商で、番頭から使用人、家族をあわせると20数人の大所帯である。毎日のご飯仕度だけでも大変だったろう。1俵(60キログラム)の米を4、5日で食べてしまうほどだったので、そのつど要作に声がかかった。
 「蔵から米を運んでこい。」
 まだ14歳になったばかりの少年要作は、すぐ駆け出して、米蔵から右手に1俵、左手に1俵と、両腕に2俵の米俵を抱えてやってくる。
 ある夏のこと、黒石の町が洪水になって前堰まえぜきがあふれた。見ると側溝に大きな石が崩れ落ちて水の流れをふさいでいる。近所の若者が4人も5人も集まって、石をどけようとしたがびくともしない。これを見た要作は、よいしょとばかり持ち上げて、「これでえがべ。」みんなはその怪力に舌を巻いた。相撲になりたいと思い始めたのはそのころからである。綾川の自伝ともいえる「一味清風いちみせいふう」という本によると、「私の力士熱は日々に長じ、年々に熾烈しれつとなって、ぜひとも江戸に出て立派な関取になりたいと矢もたてもたまらず。」と書いている。
そしてのちに、先代岡崎守三に頼んで高砂部屋たかさごべやの門をたたくことになる。岡崎守三は当時、黒石一番の古い旅館を経営していたが、巡業の途中で病気になったり、けがをした力士の面倒をみるなど町の世話役でもあった。鳴海家とは隣り同士でもあり、要作少年のよき理解者であった。
 黒石神明宮(前町)の境内に「義侠ぎきょう岡崎守三の碑」が建っている。「大正4年、綾川五郎次、小野ヶ崎金作これを建つ」とある。
 いよいよ上京したのは1905(明治38)年1月3日のことである。親の許しを得たわけではない。「そんなに力士になりたければ親子の縁を切る。」これが父専蔵の言葉であった。
 しかし心はすでに決まっている。父があんなに怒るのも、故郷に頼るものがあっては修業に励みがつかない。なあに一生懸命修業して立派な関取になりさえすれば、父へのびがかない、今の怒声はやがて笑顔で迎えられるに違いない。父への取り持ちをくれぐれも兄に頼んで、逃げるように東京へと旅立った。21歳のときである。
 

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る