ホーム文化財・遺跡>竹内 清明(1/6)


津軽のライオン 竹内 清明(たけうち せいめい)


 黒石地方でもっとも風流で景勝の地といわれるのは美しい流れと滝と紅葉で有名な中野神社の境内である。その鳥居をくぐり、境内へ下りる石段の途中に豊かな口ひげと胸もとに届く長いあごひげを生やした、やせて目の鋭い老人の胸像が高い台座の上に建っている。「私設知事」とも「ライオン」とも「雷様」ともいわれた明治、大正の大政治家、竹内清明である。
 私設知事とはあだ名であり、はじめは反対党が竹内清明の権威が、当時の内務省(今の自治省)から任命されてくる正式の官選知事を圧倒しているのをみ、おそれをなしてつけたもので、ついには世間一般にも私設知事でとおり、青森市での常宿じょうやどの浜町塩谷旅館は竹内の県庁となった。このため「青森県には、二人知事がいる。」とか「役人の知事のほかに、それ以上の勢力をもっている知事がいる。」とかいわれた。中央から知事をはじめ県の首脳部が転任してくれば、まず第一に竹内の所に赴任のあいさつに上がった。
 また竹内清明は「青森県の原敬はらたかし」といわれた。それは1918(大正7)年、日本に初めて本格的な政党内閣をつくった政友会総裁原敬(岩手県出身、1856〜1921)の絶大な信任を得て近代青森県の難事業を解決していったからだった。青森県において明治・大正時代の三大事業といわれたのは岩木川の改修・青森築港・八戸の鮫漁港修築であった。そしてさらに交通機関の整備としての五能線・下北鉄道・黒石線の開通・教育振興のための官立弘前高等学校(今の弘前大学)の創設などの問題があり、これらすべてが原敬―竹内清明のラインで解決されていったのである。
 岩木川は津軽平野の中小支流57川を合わせる文字通りの津軽の母ではあるが、河口の十三湖は日本海から吹きつける風砂と上流から流れてくる泥のため埋まり、水戸口(湖水の水が日本海に注ぐ箇所)がふさがれるため、春の雪どけ水の時期や夏の大雨の時は津軽平野3万ヘクタールの水田が洪水の災害にあっていた。
 もちろんこのため岩木川の治水工事は300年前の江戸時代から行われ、明治に入ってからも調査を進めていたが、1882(明治15)年当時、その総工事費が82万円と算定され、その年の県予算が28万7千円の状態では着工不可能であった。それが竹内清明が代議士であった1911(明治44)年に国営事業として行われることになり、1918(大正7)年に工事費700万円でまず10ヵ年事業として着工された。以来今日まで70余年、なお事業は進められている。1988(昭和63)年完成した浅瀬石川ダムもその前身の沖浦ダムもこの事業の流れなのである。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る