ホーム文化財・遺跡>西谷 彦太郎とその仲間たち(1/6)


りんご界の進歩派 西谷 彦太郎(にしや ひこたろう)とその仲間たち

産地直送を目ざして
 りんごが生産者の手をはなれて、消費者の口に入るまでには、幾つものルートがある。最近では都市の生活協同組合と農協や生産者のグループとの間の直接取引が、中間の手数や経費がはぶけて、消費者にも生産者にも有利だということで、流通の一部を占めるようになった。しかし、りんごは同じ品種でも、年々の出来あがりに差があるし、園地によっても、つくり方によっても違いが出てくるので、品物を見ないで買うためには、消費者と生産者の間に、よほど厚い信頼がないと長続きしない。一番よい方法だといわれながら余り普及しないのはそのためである。
 ところが、この方法を、今から90年も前にやった人たちがあった。次の3名である。
   西谷彦太郎 前町  34歳  東果園とうかえん
   奥村喜蔵   元町 45歳  盛業園せいぎょうえん
   野呂元蔵  東野添 26歳  豊果園ほうかえん


 3人とも黒石地方のりんごの先駆者で、生産と販売に相当の経験をつんでいた。誰からともなく寄り合うようになって、技術や情報を交換しあっていたのである。
 
 それは1900(明治33)年の秋のことであった。西谷彦太郎の福民のりんご園に、奥村喜蔵と野呂元蔵がつれだってやって来た。彦太郎は前町で呉服店を営んでいたが、父平兵衛の放漫経営でうまくいかず、新しい作物であるりんご栽培に生きる道を求めていた。園地の中に住居を建てて、熱心に研究をし、よく働いたので、この地方の中心的な存在になっていたのである。「どうした?出来たが。」という2人を彦太郎は家へ招じ入れた。「あんまりうまくいかないが、ま、読んでみてくれ。」
 彦太郎が取り出した2、3枚の書きつけを喜蔵と元蔵は黙読していたが、若い元蔵が興奮してきたらしく、声を出して読みはじめた。

「わが青森県南津軽郡黒石町附近は土地高燥肥沃こうそうひよく(乾いて肥えている)にして、りんご栽培に好適し、その産出する所のものは味甘美かんび、色沢殊しきたくこと艶麗えんれい(つやっぽく美しい)なること、他地方産の遠く及ばざるところなり……か。西谷 さんは本当に名文家だなあ。」

喜蔵もこれには同感で、意見をさしはさむ余地は全くなかった。すでに何回も集まって話しあい、決ったことについて彦太郎が見事に文章化してあったのである。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る