ホーム文化財・遺跡>正井 観順(1/7)


北嶺回峰(ほくれいかいほう)の苦行僧 正井 観順(まさいかんじゅん)

 「大回の※あじゃりさんがいらはったよ
               お母さん、早うおいで」
 「はいはい、カンジザイボーサーツ、
         ハンニャハーラーミータージー」
          ※あじゃりさん→偉い坊さんの意味


 1905(明治38)年5月、初夏とはいえ、まだ朝早い午前6時、京都東山の道筋は比叡山回峰行が始まって以来、千年の歴史に新たな1頁を加えようという正井観順行者の数珠をいただく善男善女であふれていた。人々は道端にひざまずいたり、しゃがんだりしながら手を合わせて生き仏様を待った。子供たちは行者に数珠でなでられると「ああ良かった。」と飛び上がる。
 大回というのは、7年間にわたって行われる千日回峰行の中の最難関で第900日目から100日間行う。歩く一足一足が針の山に登る感じで、全くこの世の地獄といわれる。この行の100日間は連日84キロを歩く。そのコースには山あり谷あり霧の中の崖っぷち道あり町中ありで深夜から朝、昼、晩と17時間歩く。その間日常の言葉をつつしみ、午後9時以降一切無言、午後11時起床、午前2時無動寺谷のお堂を出て848メートルの比叡山を下り、まず京都の北野天満宮にもうで、午前4時二条城近くの神泉苑、午前5時清水寺、6時祇園、7時半修学院の赤山と回ってふたたび比叡山に登り、9時30分根本中堂着、そして山上で横川巡行をし、午後3時琵琶湖側の坂本大覚寺に降り、午後5時無動寺谷に帰って7時に一日の勤行ごんぎょう(おつとめのこと)を終る。
観順の写真睡眠わずか2時間にして比叡山を登り降りし、その間3百数十ヶ所を拝礼し、経を唱える。正井観順はこの回峰地獄といわれた苦行を実に2555日行って行中にこの世を去った。

「近江屋のんこはたいしたもんだ。まだ6つなのに立派にお経を唱えている。」
「ふびんだな。3つでおっ母を亡くしたんだから淋しいんだろうよ。」


 正井観順は出家する前は覚蔵といった。江戸で桜田門外の変のあった1860(万延元)年の12月7日、津軽郡尾上村に正井清次郎の長男として生まれた。母は黒石市上十川の宇野家の娘でサキといったが、覚蔵が3歳の年に姉タケと2人の子を残して亡くなった。

(1/7)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る