ホーム文化財・遺跡>是空行者と寂導行者(1/5)


黒森山の 是空行者と寂導行者(ぜくうぎょうじゃとじゃくどうぎょうじゃ)

 

 どうしたものか銀蔵少年は、僧侶のまねをすることがたくみであった。山形町で鍛冶屋を営んでいた父、山崎九兵衛は大弱りであった。よりによって、僧侶のまねごとをするので、いくらやめるよう注意しても効き目はなかった。
 九兵衛としては家業に関心をもたず、こりもせず僧侶の仕草を演ずるので、心おだやかでなかった。反面、僧侶の所作を子供ながら、こまかく観察していることに、内心、舌をまいていた。
 銀蔵少年は、成長するにつれ出家の気持ちが強くなり、1823(文政6)年5月、25歳の時、両親が涙ながらにいさめるにもかかわらず、自ら髪をそり菩提寺である黒石町来迎寺住職良諦和尚らいごうじじゅうしょくりょうたいおしょうに入門し、蓮光是空れんこうぜくうと名乗った。
生来、仏心のあつかった是空は、一心不乱に念仏修行にはげみ、その頃は、病弱気味の体も、嘘のように健康をとりもどしていた。
 仏僧として陰ひなたのない一途な修行は、良諦和尚の眼を驚かすに充分なものがあった。
 しかし、来迎寺は檀家だんかが多いため、参詣する人々や、法事のとりしきり等雑務が多く、是空にとっては必ずしも満足する世界でなかった。
 それで是空は、さらに悟りの境地を求め、山形村中野の不動尊の洞穴で、少量の水と山ぶどうの葉を噛みつつ断食を行った。2週間をすぎた満願の夜明け、夢枕に仏があらわれ、「お前は、この地の北の山中に安住の地を定めるが良い。」とお告げがあった。
 霊夢をみた是空は、心静かに仏道につかえる地を求め、1824(文政7)年2月、残雪の多い山中に一夜野宿し、霊地を求め歩いた。黒森山の中腹にたどり着いたら、そこはなだらかで清水も湧き、裏山は雑木林で覆われ、人里とも離れ、時折、木こりが姿をあらわすだけの閑静なところで、それこそ是空の理想郷にみえた。そこに永住することを決めた是空は、さっそく寺に帰り、良諦和尚に黒森山に隠遁いんとんし、修行したいと胸のうちを語った。その当時は、みだりに寺を創建することは許されなかったが、黒石藩側の特別なはからいにより、黒石の上ノ坂(現在の神明宮付近)の廃庵状態にあった、浄仙庵の“再興”という名目で、その年の3月、黒森山への開山が許された。
 こうして自分の骨を埋めようとする、ついのすみかを得た是空は、念仏三昧ねんぶつざんまいに明け暮れることができ、信仰は日ましに豊かなものになっていた。

(1/5)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る