ホーム文化財・遺跡>田山 藤左衛門(1/6)


田山堰を開いた 田山 藤左衛門(たやま とうざえもん)

 黒森山浄仙寺登り口の付近で、中野川から取水したせきが、山形地域の山腹や山麓を蛇行して長坂集落の分水口にさしかかると、その脇に古い石碑が建っている。今から約160年前の1827(文政10)年に建てられた碑で、きざまれた字は風雨にさらされてかなり読みにくくなっている。
 碑の正面には大きな字で「田山堰神祠たやまぜきしんし」と刻んであって、その左右には小さい字で、田山藤左衛門が万治年間(1658〜60)に弘前藩の命を受けてこの堰を完成させたので、この堰のことを田山堰と名づけたという由来が刻まれている。
 碑の裏には、この堰の恩恵を受けてきた弘前藩領浪岡組の六郷の村々(上十川・赤坂・三島・高館)の庄屋の名と5人組の百姓の名が何人か刻まれている。この石碑は、六郷の村人たちが、堰の開削者田山藤左衛門への感謝の気持ちをこめて建てた石碑である。
 さらに、この碑の脇には、山形の村々の分水取入口の寸法も刻まれている。このことから、田山堰の恩恵を受けたのは、六郷の村々だけではなく、黒石領の山形地域の村々も、この堰から分水して水田耕作を営んできたことがわかる。黒石領の山形の村人は、どういうわけか、田山堰のことを小川堰と呼んでいた。
 さて、田山堰開削の工事はいつ始まっていつ終ったのだろうか。長坂の石碑には、万治年間に田山藤左衛門が開通させたとあるので、水路の幹線が完成したのは1660(万治3)年と見てよい。
  工事の始まりについては、石碑は語っていないので、古い記録から推測するしかない。田山堰土地改良区で発行した『田山堰沿革史』という本に古い記録が紹介されている。その中の水争いの時の農民たちの「口書くちがき」(江戸時代の訴訟関係の文書の名)が参考になる。
 1688(貞享じょうきょう5年の「口書」を読んでみると、1656(明暦2)年、津軽信英のぶふさが5000石を与えられ、黒石に分家した後に、本家の弘前藩と分家の黒石陣屋が人夫を出し合って、共同で工事を進めたとある。このことから、工事の開始は1656〜57(明暦2〜3)年だということがわかる。こうしてみると、工事は3〜4年かかったわけである。
 それでは、田山藤左衛門という弘前藩士は、この時期に六郷の村々とどういうかかわりがあったのだろうか。


(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る