ホーム文化財・遺跡>津軽 信英(1/6)


黒石初代領主 津軽 信英(つがる のぶふさ)

 黒石藩祖といわれている黒石の初代領主津軽十郎左衛門信英じゅうろうざえもんのぶふさは、後に名君と呼ばれた弘前4代藩主津軽信政のぶまさを教育し、その後見役こうけんやくとして藩政を指導し、黒石に陣屋を構え、5000石を領して黒石藩の基礎を作った。
 信英は、1620(元和げんな6)年10月6日、弘前2代藩主津軽信枚のぶひらの二男として、江戸神田かんだ藩邸はんていに生まれた。生母は、藤という人であったが、育ての親は徳川家康の養女で、信枚の正室の満天姫まてひめである。幼名を万吉といったが長じては信逸のぶとき、信秀と称し、黒石に領地を持ってからは十郎左衛門信英と名乗った。
 信英には兄弟がたくさんあって、兄の平蔵信義へいぞうのぶよしは、弘前の3代藩主となった。
 1631(寛永8)年、12歳の時、藩主となった兄信義ともども将軍家光に初めて紹介され、1642(寛永19)年、23歳で幕府小姓組こしょうぐみに召し出され幕府旗本の一員となった。兄の信義は、これを祝って1000石の合力米ごうりょくまいを与えた。
 将軍は、戦闘、護衛、警備そのほか多くの仕事を家臣に分担させるため組(番とも言った)を作ってその任にあたらせていた。

※合力米→ここでは、特別に与えられた領地のこと。
小姓組、書院番しょいんばんがそれである。組は本来徳川家の家臣で構成されるのであるが何らかの縁によって外様大名の者でも入ることがある。信英の場合は母が満天姫だから徳川氏と縁続きにもなる。信英の番入りは津軽家と将軍家とのつながりをさらに深くすることであり、津軽家の安泰につながることであった。
 信英が信義から貰った1000石の領地知行地ちぎょうち)は「※明暦の検地帳めいれきのけんちちょうによると黒石村、山形村、平内村にあった。
 1645(正保2)年、信英は幕府から蔵米(米で支給される給料)300俵を支給された。その後、小姓組から江戸城西ノ丸書院番に所属したり、また駿府すんぷ(現静岡市)に出向いたりして幕府旗本の任務をつとめた。
 信英はこの公務のかたわら文武の修行に励んだ。学問は山鹿素行やまがそこうに深く師事しじした。当時、武士の学問といえば兵学と儒学である。兵学は軍学ともいい、戦略、戦術を研究する学問で、山鹿素行は山鹿流兵学をあみ出した江戸時代有数の兵学者だった。儒学は中国の孔子、孟子などの教えを研究する学問で「礼」を中心とする封建時代ぴったりの道徳の教えであった。

※明暦の検地帳→1656(明暦2)年2年6月から7月にかけて黒石領で行った土地測量台帳。検地帳には地名や土地の等級、面積、生産高、作人、社寺地、荒廃地など、こと細かに記載されており、年貢ねんぐをかける台帳となる。

(1/6)
次のページへ

前ページへ戻る ホームページへ戻る