キーワード検索>
ホーム文化財・遺跡>国指定文化財

国指定文化財


重要文化財 高橋家住宅
高橋家土間
高橋家住宅通り土間

 高橋家住宅は、代々理右衛門を名乗る黒石藩御用達の商家で、主に米穀を扱ったことから屋号を「米屋」といいます。米穀のほかに味噌や醤油、塩などの製造や販売などしていました。昭和48年2月23日重要文化財に指定されています。

 建物の規模は、桁行11間半、梁間6間の一部2階切妻造妻入で、屋根は築造当初は長柾葺でしたが、昭和初期に亜鉛引鉄板葺に葺き替えています。住宅の内部は、二間の通り土間と片側二列並びに10部屋が配されています。中町側に面する2部屋は建築当時は一部屋であり、「みせ」として使われていたそうです。そして、この「みせ」には奥行き2間の2階があります。8畳間と4畳大の板間からなる部屋の2部屋だけですが、屋根が低いため「与次郎組」という工法が用いられています。この他にも住宅の構造には、吊り上げ式大戸、吹き抜け天井、出格子窓などがあり、津軽地方の典型的大型商家の造りをしています。

 建築年代は、材木の見積書から宝暦13年(1763)頃と推定されます。築後約240年経ちますが、これまで大火事や地震などの被害にも遭わず現在に至っています。高橋家住宅の見学は無料ですが、所有者が住まいしている個人の住宅ですので、限られた期間、場所だけの公開になります。また、冬期間(12月~3月)は、公開しておりません。それ以外の期間でも公開できない場合がありますので、ご了承下さい。

名勝 金平成園(かねひらなりえん) 別名「澤成園(さわなりえん)」
金平成園庭園
金平成園庭園

 金平成園は、別名「澤成園」で知られており、「大石武学流(おおいしぶがくりゅう)」または「武学流」と称されている作庭流派の様式を持つ庭園です。明治15年(1882)に加藤宇兵衛に招かれた高橋亭山(たかはしていざん)が、金平成園の作庭に着手しましたが、亭山は完成を待たずに死去したため小幡亭樹(おばたていじゅ)を中心とした弟子が後を継ぎ、明治35年(1902)に完成しました。

 加藤は、失業対策事業の一環として金平成園の造園に着手しました。庭園の名称は、「万民に金が行きわたり、平和な世の中になるように」ということから「金平成園」と名づけられました。しかし、加藤家の家業でもあった酒造業の初代屋号である「澤屋成之助(さわやなりのすけ)」の名前から「澤成園」とも呼ばれ、こちらの名称が広く使われるようになりました。

 庭園は、主屋の東側に位置しており、奥行きのある池庭を展開しています。最奥部には、小高い築山があり、その斜面には豪快な枯瀧の石組が見られます。主峰を象って据えられた巨石の手前に第1段目の落ち口を設け、円礫を敷き詰めた流れを経て、やや落差の大きな第2段目の石組があります。枯瀧の裾部から主屋の前面まで広大な池が展開されています。現在、池の水は枯れていますが、東側、北側、南側の裾部に石組の導入部があることから、作庭当初は水がありました。水面は土提により4箇所に区分されており、池の随所に岩嶋が配されているほか、最下段の池には円形の中島があり、石橋が架けられています。

 主屋の主座敷の縁側に設けられた沓脱石からは2方向に飛石が打たれており、一方は池の畔に打たれた巨大な礼拝石へと延び、もう一方は景石から成る蹲踞へと延びています。また、築山の南のやや奥まった位置には、岩木山に擬せられた巨大な守護石が据えられ、築山には巨大な月見灯籠が配されます。植栽は、クロマツ、サワラ、コウヤマキ、マサキ、カエデ、サツキなど豊富です。

 また、庭園の中には、主座敷を中心とした平屋建の建物と、明治末期から大正時代にかけて2階部分が増築された建物があります。2階建ての建物には、4帖半の離れ座敷が渡り廊下で結ばれていますが、この建物は、茶室として使用されていたようです。建物の建築年代は、明治時代後半、金平成園が完成した頃と推定されます。

 幕末から近代にかけて、津軽地方を風靡した大石武学流の独特の作風を良好に伝える優秀な庭園であり、主屋及び庭園を含む敷地の全体が概ね良好に違存する点でも重要であることから、平成18年1月26日史跡名勝天然記念物に指定されました。

平成28年度一般公開スケジュール【予定】
平成28年度の公開スケジュール【予定】をお知らせします。
変更がある場合は本ホームページで予告しますので、ご注意ください。

・春の一般公開  4月23日(土) ~  5月 8日(日)
・夏の一般公開  7月30日(土) ~  8月16日(火)
・秋の一般公開 10月22日(土) ~ 11月 6日(日)

・開園時間 10時から15時まで
・入園料 大   人:400円(350円)
小中高生:300円(250円)
※( )内は団体(20名以上)割引後の金額
 重要伝統的建造物群保存地区 黒石市中町伝統的建造物群保存地区
こみせ通り
こみせ通り

 黒石市中町は、黒石陣屋の北東に位置し、南に前町、北に浜町が続きます。黒石から青森方面へ通ずるこの通りは、「浜街道」として交通の要所であるとともに、商業の中心として栄えました。

 この通りの大きな特徴は、主屋の前面にひさしを張り出し日常の往来に供される「こみせ」と呼ばれる通路が連なっていることです。明暦2年(1656)、黒石初代領主津軽信英(つがるのぶふさ)が黒石津軽家を創立した際に、陣屋を造り新しい町割を行いました。このとき信英が商人町に「こみせ」を作らせたと言われています。

 「こみせ」は、雨や夏の強い日差し、冬の吹雪から人々を守り、快適な空間を作ってくれます。また、軒を連ねた商人町の繁栄のために、なくてはならないものであり、今日まで大切に守られてきました。

 藩政時代のたたずまいを残し、伝統的な形態を保つ「こみせ」が連続する町並みは、現在では非常に貴重なものです。
 
※黒石市は平成17年1月25日、中町を主体とした約3.1ヘクタールの範囲を黒石市中町伝統的建造物群保存地区に指定。同年7月22日には、文部科学大臣から「伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの」として重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。


中町こみせ通りの詳細はこちらへ

登録有形文化財 九戸家住宅

 九戸家住宅は、文化年間(1804~18)に建てられた建物です。この場所は、現在の甲大工町のほぼ中央にあたり、江戸時代は、陣屋の中にある侍町でした。そして、この住宅は、黒石津軽家14代津軽承捷(つがるつぐかつ)の生家としても知られています。

 この建物は、木造の平屋建、屋根は茅葺の寄棟造で、外観は漆喰壁です。部屋の配置は、玄関から入り、6帖の広間、12帖の座敷が横に並び、その奥に9帖の茶の間と押入れの付いた8帖の和室があります。押入れは後から設置されたものであり、建築当初は9帖半の和室でした。この和室と12帖の座敷には床の間があり、また、建築当時は、茶の間の奥に台所が配されていましたが、現在は増築されており、建築当時の台所はありません。

 玄関脇に庭の出入用に内門が設置されており、建物の道路側には、外門と板塀が設置されていますが、これは、戦後に建築されたものです。

  建物の造りや部屋の配置から上級武士の住宅である可能性が高く、藩政時代の武家屋敷を代表する建造物であることから、平成18年10月18日に登録有形文化財に指定されました。

登録記念物 鳴海氏庭園

鳴海氏庭園は、幕末から明治大正と津軽地方を風靡した大石武学流の作庭を様式を持つ庭園です。明治20年(1887)頃に小幡亭樹(おばたていじゅ)が作庭を開始し、後に代池田亭月(いけだていげつ)が完成したと伝えられています。

  庭園は、T字形をしておりますが、鳴海家住宅の客間と座敷に北面する庭園が中心と思われます。客間と座敷の沓脱石(くつぬぎいし)からV字形に配置された飛石は、一方が池の南岸に据えられた礼拝石(らいはいせき)に向かっており、他方は右側の離れ蹲踞(つくばい)へと延びています。池の北端には大小三石から成る枯滝石組(かれたきいしぐみ)があり、その周辺や後方には深山石(みやまいし)とされる景石(けいせき)や野夜燈(のやとう)と呼ばれる石燈籠が据えられており、また、庭園の主景となるクロマツも植えられています。やや離れた東方には守護石とされる大きな景石が据えられています。

  庭園の北西部には、門があり、こみせに面しています。門から池に西面する隠居部屋の沓脱石まで飛石が配されています。また、池の北西側には明治43年(1910)に建立された三代目鳴海文四郎の銅像が建てられています。

  鳴海氏庭園は、大石武学流の作風を伝える庭園の一つで、造園史上の意義は深く、同時代に属する類型の中でも特に意匠または構造面の特徴となる造形を良く残していることから、平成19年7月26日に登録記念物にされました。


黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時