キーワード検索>
ホーム生活便利帳>下水道

下水道


下水道の役割
 わたしたちは、日常の生活や社会の活動のなかで、たくさんの水を使います。ここで使われた水をそのまま自然に流し続けると、川や海はよごれを増していくだけでなく、やがては生活に必要なきれいな水が欲しいとき、手に入れることがむずかしくなってしまいます。

 必要な水を、いつまでもきれいなままで使うことができるよう、よごれた水をきれいにするために生まれた施設が「下水道」です。下水道施設は、よごれた水を下水管に通して終末処理場に集め、化学的・衛生的に処理して、きれいな水によみがえらせる重要な働きをしています。
下水道の施設
排水設備 家庭から出る汚水をすみやかに下水管に流すための施設です。各家庭で工事していただきます。
下水管 汚水や雨水を流すためのパイプや管きょで、直径15cmぐらいのものから大きなものになると8mのものもあります。
ポンプ場 下水は自然流下で集められるため、勾配のないところでは滞水することになります。そこで流れてきた汚水や雨水をくみあげて、さらに勾配をつけて流す施設です。
終末処理場 市は、青森県と4市3町1村で構成する岩木川流域下水道事業に参加しており、弘前市にある岩木川浄化センター(愛称:岩木川水きらきらセンター)で汚水を処理しています。
公共下水道事業計画区域
(流域関連公共下水道計画区域図はこちら
(特定環境保全公共下水道計画区域図はこちら
トイレの水洗化など排水設備をつくることは、処理区域住民の義務です。
 排水設備とは 公共下水道に汚水を流すためには、それぞれのご家庭で排水設備(私設下水道)をつくらなければなりません。この排水設備は宅地や私道内に排水管・汚水ますなどをつくって、ご家庭から出る台所・洗濯・洗面・風呂・水洗トイレなどからの汚水を、すみやかに公共下水道に流す役割を果たしています。排水設備は、皆さま個人でつくり、保守・点検などの管理をしていただくことになっています。
 トイレの水洗化は3年以内に 公共下水道の利用ができるようになると、みなさんのご家庭で従来から使用しているくみ取り便所や浄化槽式トイレは、供用開始の日から3年以内に公共下水道に直接流すことができる水洗トイレに改造することが法律(下水道法第11条の3)で義務づけられています。このため、処理区域となった地域では水洗トイレにしないと家屋の新築・増築をすることはできなくなります。

 また、処理区域内の土地の所有者、使用者または占有者は、1年以内に台所や風呂、洗濯などの汚水を公共下水道に直接流すための排水設備を設置しなければなりません。(黒石市下水道条例施行規則第2条第1項)

 このように、排水設備の設置やトイレの水洗化改造を義務付けすることは、公共下水道が整備されることによって1日も早く地域の生活環境の改善を達成しようというもので、住民のみなさんのご協力をお願いしています。
下水道施設をつくる「受益者負担金」
 受益者負担金とは 下水道の施設は、道路や公園のように一般の公共施設とちがって、整備することにより利用できる地域の人々が限られてきます。このため、下水道の建設費を市税などの税金だけでまかなうことにすると、下水道の利益を受けない人たちにまで負担をかけることになります。これは、公平な負担の原則に反することになります。そこで、下水道の建設費の一部を下水道整備によって恩恵を受ける人たちに負担していただき、下水道事業を計画的に推進しようとするのが都市計画法に基づく「受益者負担金」の制度です。

 そして、この受益者負担金の賦課は汚水の処理が可能になる区域内を対象にしており、対象となる区域の事業の進み具合いに応じて賦課していくことになっています。
 納める人は 原則として公共下水道の処理区域内にある土地の所有者または権利者です。
 納める金額・方法は? 受益者負担金は、土地の広さによって異なります。原則的には、単位負担金(1㎡当たり)に所有する土地(または権利のある土地)の面積を乗じて算出します。

 負担金額は1平方メートル(㎡)当たり245円です。
 例えば、330㎡(約100坪)の土地を所有している場合 330㎡×245円=80,850円となります。


 受益者負担金は5年に分割し、さらに1年を4期に分けて納めていただきます。また、一括で納めていただくこともできます。一括納付の場合(賦課初年度の8月末まで)は、15%の報奨金が交付されます。
 上下水道課、又は市内の金融機関(ゆうちょ銀行を除く)へ納めてください。
負担金の徴収猶予と減免 負担金の徴収を一定期間猶予したり、負担金を減免する措置があります。詳細については上下水道課にご相談ください。
受益者が変わった場合は届出を 受益者決定後、負担金納付の途中で、売買その他の理由により受益者に異動があった場合は、新旧受益者の方は連署押印のうえ「受益者変更届」を提出してください。
また、猶予中の土地であっても、売買その他の理由で所有者に異動が生じた場合は、変更の手続きが必要です。
受益者負担金制度では、同じ土地に二度の負担を求めることはありません。
下水道の使用等
 下水道の使用開始、休止等の手続き 下水道の使用を開始、休止、廃止、又は再開するときは届出を提出することが必要です。

※ご使用を中止しても、手続きがないと使用料が発生しますのでご注意ください。
 使用料を徴収するのはなぜか 下水道を使っている人は、下水道を使っていない人に比べ衛生的で快適な生活ができるため、一定の利益を受けていることになります。したがって、受益者負担の観点からすれば、下水道の管理に要する経費について、使用者から使用料を徴収することが公平と言えます。
 使用料の使い道は 下水道の使用者から徴収される使用料は、次の経費に充てるのが望ましいとされています。
 維持管理費・・・岩木川流域下水道維持管理負担金及び施設の維持管理に要する経費です。
 資本費・・・下水道施設(処理場・ポンプ場・下水管)に係る減価償却費と下水道施設の建設費等に充てるため借入した企業債の利子を合わせたものです。
 使用料金の計算は 公共下水道に流す下水道使用料金は原則的には水道使用量に基づいて決められますが、井戸水などの地下水を使用している場合には、その用途などを調査のうえ認定して算出します。使用者の方が公共下水道の使用を開始・休止もしくは廃止、又は再開したときは、遅滞なく届出する義務があります。また、使用者人数と名義の変更の場合も届出が必要です。
下水道使用料金表
 使用料には消費税が含まれています。(平成26年4月分から)   1ヵ月あたり
種別 基本使用料金 従量使用料金(1mにつき)
一般用 1,985.04   0m~ 10m 基本料金に含まれます
 11m~ 30m 198.72
 31m~ 50m 238.68
 51m~150m 285.12
151m 324円
公衆浴場・水泳プール用 一般用と同じ  11m 33.48

※合計額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てます。
◆使用料金の計算例
20mの場合
 1,985.04円 + 198.72円 × 10m =3,972円
35mの場合
 1,985.04円 + 198.72円 × 20m + 238.68円 × 5m = 7,152円
使用水量の認定は
①水道水のみを使用している場合
 水道水のみを使用している場合は、水道水の使用水量がそのまま使用水量となります。なお、水道水から井戸水等に切り替える場合、上下水道課へ届出が必要です。

②井戸水のみを使用している場合
 井戸水を使用している場合は、一般家庭で1人1ヶ月当り5m(水洗トイレの場合)を使用したものと認定します。また浴槽1個につき4mを加算します。
家事以外に使用したときは、用途、営業の種類、人員、その他実際の状況をみて認定します。

③水道水と井戸水を併用して使用している場合
 実際の使用状況により認定します。

④その他特殊な場合
 市が認定します。
井戸水利用の際の注意事項について
 前項の②及び③に該当する方は、世帯人員に変更(転入・転出・死亡・出生等)があった場合、使用水量が変更となる場合がありますので、速やかに建設部上下水道課へご連絡ください。ただし住民票の異動をしていない場合、異動を確認できる書類(在学証明書や施設入所証明書など)と印鑑をご持参くださるようお願いいたします。
使用料金のお支払いと口座振替について
 原則として1ヶ月ごとに計算し、お支払いいただきます。
 なお、下水道使用料金のお支払いは口座振替が便利です。
夜間料金等窓口の開設
毎月、市役所第二庁舎2階の上下水道課において、午後7時30分まで夜間料金等窓口を開設しています。
日中お忙しい方はこの機会をご利用ください。
開設日については、上水道の同項目に掲載していますので、ご覧ください。
なお、夜間窓口開設日以外は、営業時間外の窓口業務ができませんので、ご留意ください。
排水設備工事のお申込みは、黒石市指定排水設備工事業者へ
 市では法律や条例で決められている基準にあった設備をつくるために「黒石市指定排水設備工事業者」を指定し、適正な価格と良心的で安心できる施工と、工事に必要な諸々の手続きを申請者にかわって行えるよう市が指導・監督をしています。

 工事を「指定排水設備工事業者」以外のところで行うと、無資格工事となり工事のやり直しや罰則が科せられますのでご注意ください。また、工事が終了したときには、市の検査を受けて検査済証の交付を受けてください。
水洗化工事資金の融資・積立奨励金制度
 くみ取り便所を水洗トイレに改造するには、かなりの費用がかかります。そこで市では住民のみなさんの負担が軽減されるよう、工事資金の融資制度と積立奨励金制度を設けています。お気軽にご相談ください。
◆融資制度
◆融資の内容
融資額 70万円以内
返済期間 60か月以内
利 率 供用開始の告示の日から3年以内の水洗化(無利子)
積立奨励金交付対象者による水洗化(無利子)
供用開始の告示の日から3年以降の水洗化(有利子)
返済方法 元金均等月払い
◆融資の条件
処理区域内に住んでいる家屋の所有者、又は所有者の同意を得た家屋の占有者で受益者負担金や税金など滞納がないこと。その他詳しいことについては、建設部上下水道課あるいは黒石市指定排水設備工事業者にお問合せください。
◆積立奨励金制度
◆積立の内容
積立月額 5千円以上(1千円単位)
積立期間 3年以内
◆積立取扱機関
黒石市内の各金融機関・各農協
◆奨励金交付額
奨励金交付対象額(積立金からの工事充当額)の5%以内。ただし、対象額は72万円を限度とする。
◆奨励金交付の条件
下水道事業区域内に住んでいる家屋の所有者、又は所有者の同意を得た家屋の占有者が事業の開始から供用開始告示後3年以内までの間に積立をし、満期満了又は解約後1年以内に改造工事を行う場合。なお、積立開始に当っては、「下水道積立対象者確認書」が積立取扱機関において必要となりますので建設部上下水道課においでになり申請してください。詳しいことについては当課又は、黒石市指定排水設備工事業者にお問合せください。
◆奨励金交付の手続き
奨励金の交付を受けようとする者は、積立取扱機関との間で契約した積立証等を黒石市指定排水設備工事業者に提示し、その旨をお話しますと手続きを一部代行いたします。なお、積立満了時に発行される決算書又は明細書は失くさずに保管しておいてください。
(奨励金申請又は請求時に添付が必要)
黒石市指定排水設備工事業者
黒石市指定排水設備工事業者一覧表(PDF)
※詳しくは、黒石市建設部上下水道課へお問い合わせください。
黒石市建設部上下水道課

青森県黒石市大字市ノ町11番地1
(黒石市役所第2庁舎 2F)
TEL:0172-52-2111
総務係 内線501・502・503
上水道係 内線504・505・558
下水道係 内線556・557

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時