キーワード検索>
ホーム生活便利帳ごみ・リサイクル>全国おいしい食べきり運動ネットワーク

「食べきり」で生ごみを減らそう!
(全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会)


 まだ食べられるのに捨てられている食品が多くあることをご存知ですか?食品がごみになる理由の一つに、家庭の食事や外食における「食べ残し」があります。
〇食品ロスの現状
 日本国内における年間食品廃棄量は食料消費全体の3割にあたる約2,800万トン。売れ残りや期限を超えた食品、食べ残しなど、本来食べられたはずの、いわゆる「食品ロス」は約632万トンとされています。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々への世界の食料援助量(平成26年で年間約320万トン)を大きく上回る量です。家庭からは1人1日当たり約136グラム、お茶碗一杯分のご飯の量に相当する食料がまだ食べられる状態でごみとして捨てられています。
 黒石市の家庭から出る食品ロスは1人1日当たり約42グラムと全国の量と比べると、下回っていますが、まだ食べられる食料がごみとして処理されています。


 忘年会や新年会など、「宴会五箇条」に取り組んで食べ残しゼロを目指してみましょう!

 食品廃棄物の中でも「もったいない」の象徴である「食べ残し」を減らすよう取り組むことで、食べ物を大切にする意識や食への感謝の念が深まります。


  ※クリックすると拡大できます

 ※黒石市は「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」に参加しています。

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時