キーワード検索>
ホーム生活便利帳>前期高齢者

前期高齢者


前期高齢者(70歳~74歳)とは

老人医療70歳の誕生日を迎える方は、75歳になって、「後期高齢者医療制度」に切り替わるまでは、前期高齢者として1割(平成26年4月1日からは2割負担へ変更予定)もしくは3割の自己負担で診療を受けることになります。
 ただし、一定の障害がある方は、65歳以上から「後期高齢者医療制度」の対象者となります。

◆対象者

前期高齢者として診療を受けられるのは、次の期間になります。

70歳の誕生日の翌月の1日(1日が誕生日の方はその月)から75歳の誕生日前日まで。
75歳の誕生日以降は、後期高齢者医療制度で医療を受けることになります。
お医者さんにかかるとき

病院などの窓口で①国民健康保険被保険者証②高齢受給者証を提示してください。

1.前期高齢者の負担割合
一般、低所得Ⅰ、低所得Ⅱの世帯に属する方 1割(平成26年3月31日まで)
  現役並み所得者世帯に属する方 3割

2.高齢受給者証の交付

国民健康保険に加入している方は、70歳の誕生日の月(1日生まれの方は誕生月の前月)の末日までに高齢受給者証を交付いたします。

  ※高額療養費の支給や入院時の食事代については、同ホームページの『高額療養費制度』『国民健康保険』にそれぞれ掲載しておりますのでそちらを参照ください。


※詳しくは、黒石市健康福祉部国保年金課国保給付係へお問い合わせください。
TEL:0172-52-2111 (内線118・119)



黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時