キーワード検索>
ホーム生活便利帳>雪対策

雪対策


◎除雪作業
安全で円滑な除雪作業のため、次の点にご協力をお願いします。

Ⅰ  路上駐車をしない
路上の駐停車は、駐車車両と前後部分の道路が除雪できなくなるため、交通障害や事故の要因となります。
必ず駐車場や車庫をご利用ください。

Ⅱ  作業車に近づかない
除雪車は前後10㍍以内が死角となるため、歩行者や車が見えない場合があります。また、雪の中に入っている砕石・ガラスなどが飛び散るケースもありますので、除雪車作業中は30㍍以内に、絶対に近づかないでください。

Ⅲ 作業事故はすぐ報告
  除雪作業で負傷したり、物件が破損したりした場合は、速やかに土木課にご連絡を。特に物件破損は、報告
  が遅れると原因究明が困難となり、補償の対象外となる場合もありますので、ご注意ください。

Ⅳ 道路に雪を出さない
  市は、交通の安全を確保するため路面の雪を平たんにする「路面整理」を行っています。
  除雪直後に、自宅敷地内の雪を道路に出す人が見られますが、除雪効果が低減しますのでやめてください。
  また、屋根雪が道路に落ちないよう雪止めの設置にご協力ください。

Ⅴ 深夜作業にご理解を
  除排雪作業は、交通渋滞を避けるため、通常深夜から早朝に行う他、迅速・安全に進めるため、一時通行止
  めや片側通行で行う場合もありますので、ご理解とご協力をお願いします。

 「青森みち情報」はこちら
◎融・流雪溝
 融・流雪溝が設置されている地域においては次のルールを守り利用するようお願いします。
◆雪を詰め過ぎず、水の流れに十分注意する
◆通行者の危険防止のため、投雪口を開けたまま放置せず必ず閉める
 なお、融・流雪溝については、管理組合がありますので、利用及び維持管理等については、各管理組合にご確認ください。

 「流・融雪溝ご利用の手引き」はこちら(PDF:1.54M)
◎雪置場
 浅瀬石橋右岸の入口から300㍍ほど上流の河川区域に、市指定の「雪置場」を確保しています。
 「黒石市民専用雪置場」の立看板が目印で、利用時間は午前8時から午後5時まで。
 降雪・積雪状況により、車両台数が増加する場合は、除雪機械を増加して対応しますが、更に利用車両が増大する場合には、車両を大型・小型に分ける場合もあります。
 利用する際は、雪以外は置かないなどの基本的なマナーを守るとともに、危険が伴いますので、絶対に子供たちを遊ばせないでください。
 また、他市町村の雪置場は、その市町村の住民等が利用するところですので、雪を持ち込まないでください。

雪崩による被害を防止しましょう!
 黒石市は全域が特別豪雪地帯であり、雪崩危険箇所数は28箇所あります。
 県内では、死者2名を出した平成19年2月の八甲田山における雪崩をはじめとして、多くの雪崩災害が発生しています。家の裏、生活道路や通学路、スキー場などのレジャー区域等、危険は様々な形で身近な場所に潜んでいます。積雪時は斜面を注意深く観察し、兆候を発見したら早めの避難・連絡を心がけてください。
 1人1人が『心の防災スイッチ』をONにして、雪崩災害による被害ゼロを目指しましょう。

<連絡先>
 黒石市 建設部 土木課 土木係 TEL … 0172-52-2111(内581・582)
 青森県 県土整備部 河川砂防課 砂防グループ TEL 017-734-9670

黒石市役所境松庁舎
  〒036-0389青森県黒石市境松一丁目1番1
  黒石市建設部土木課
  Tel 0172-52-2111(内線581・582)
  Fax 0172-52-4990
  郵送先(〒036-0396黒石市大字市ノ町11-1)