キーワード検索>
ホーム生活便利帳>住宅用地と住宅用地の特例とは

住宅用地と住宅用地の特例とは


 固定資産税は、土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している方がその所在する市町村に納める税金です。
住宅用地とは
 固定資産税における住宅用地とは、賦課期日(毎年1月1日)現在、次のいずれかに該当する土地をいいます。

専用住宅(専ら人の居住の用に供する家屋)の敷地の用に供されている土地
  ⇒その土地の全部(ただし住宅の床面積の10倍まで)
併用住宅(家屋の一部が住宅のほか、店舗等に利用されている家屋)の敷地の用に供されている土地
  ⇒その土地の面積(ただし居住部分の床面積の10倍まで)に一定の率(表1)を乗じて
    得た面積に相当する土地

表1
家  屋 住居部分の割合 住宅用地の率
専用住宅 全部 1.0
ハ以外の併用住宅 1/4以上1/2未満 0.5
1/2以上 1.0
地上5階以上の耐火建築物である併用住宅 1/4以上1/2未満 0.5
1/2以上3/4未満 0.75
3/4以上 1.0
住宅用地の特例
 住宅やアパートなどの居住用の家屋が建てられている土地(住宅用地)は、税負担を特に軽減されます。
  ※店舗・工場などが建っている土地や空き地は特例制度の対象となりません。
区分 面積区分 課税標準額



小規模住宅用地 住宅1戸あたり200㎡以下の土地
(住宅の床面積の10倍まで。10倍を超える土地については
住宅用地の適用はありません。)
評価額×1/6
一般住宅用地 住宅1戸あたり200㎡を超える部分
(住宅の床面積の10倍まで。10倍を超える土地については
住宅用地の適用はありません。)
評価額×1/3
お問い合わせ
黒石市役所 TEL : 0172-52-2111
企画財政部税務課 固定資産税係(内線112・113)

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時