キーワード検索>
ホーム生活便利帳>農地中間管理事業を活用しませんか

農地中間管理事業を活用しませんか


農地中間管理事業とは
農地を貸したい方(出し手)から青森県農地中間管理機構が農地を借り入れ、規模拡大・集積集約を目指す借受け希望者(受け手)に対し、農地を貸し出す事業です。

農作業受委託をして他の農家の方に耕作してもらっている皆さん。
平成31年から農業の規模縮小・離農を考えている農家の皆さん。
農地中間管理事業の利用を検討してみてはいかがですか。

現在、市では出し手の情報が不足しています。
12月に行われる人・農地プラン座談会にて、農地情報を開示し、農地集約を図るため、出し手の情報を募集しています。
農地中間管理事業の活用例
農業者(出し手)が離農・規模縮小するため、農地を貸したいが受け手がいない場合
 あおもり農林業支援センター(農地中間管理機構)から業務委託を受けた市役所が受け手と交渉して借受け者を見つけます。
 ※条件により必ずしも見つかるわけではありません。

地域の受け手が相互間で分散している農地を交換したい場合
 利用権の交換を希望する受け手それぞれが、あおもり農林業支援センター(農地中間管理機構)に利用権を移し、利用農地をまとまりのある形に整理して貸付し、利用権の交換が簡易に行えるようにします。
農地中間管理事業の仕組み

農地中間管理事業の仕組み


農地の集約
農地中間管理事業による農地貸付け・借受けのメリット
農地を貸したい方(出し手)
公的機関が借受けするため、確実に賃料が振り込まれます。
受け手から農地が返却された場合、農地中間管理機構が新しい受け手を探します。
所有農地を全て機構に貸し付けた場合、貸付期間が10年以上で最初の3年間、15年以上で最初の5年間、固定資産税が半減となります。
 ※機構にまとめて10年以上貸し付けることで固定資産の軽減措置の対象になります。

農地を借りたい方(受け手)
賃借料の支払いに口座振替を利用でき、手間がかかりません。
出し手が複数いる場合でも、契約は農地中間管理機構と契約するだけで済みます。
農地中間管理機構がまとまった農地を貸し付けるので、農作業の効率化が可能です。
申込方法
随時、産業会館3階農林課で申込み受付しています。

<注意事項>
出し手
申込みできるのは、農業振興地域内の農地です。
未相続の農地の場合、1/2を超える同意が必要になります。
受け手
申込みすると、青森県農地中間管理機構ホームページで借受希望者として公表されます。公表に同意できない場合は申込みできません。
問い合わせ先
詳細については、市役所農林課又は青森県農地中間管理機構へご相談ください。
青森県農地中間管理機構(公益社団法人あおもり農林業支援センター)
電話番号:017-773-3131
ホームページ:http://www.aoimori-norin.jp/gorika/hoyugorika.html
黒石市役所 農林課(産業会館3階)
電話番号:0172-52-2111(内線655)

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時