キーワード検索>
ホーム生活便利帳国民健康保険>平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります


平成27年5月27日に成立した「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」により、これまで市町村が国民健康保険を運営してきましたが、平成30年4月からは都道府県が運営主体なり、安定的な財政運営や効率的な事業運営を進め、国民健康保険運営の中心的な役割を担うこととなります。
都道府県の役割と市町村の役割
都道府県の主な役割 市町村の主な役割
1.財政運営 財政運営の主体
・市町村ごとの国保事業費納付金を決定
・財政安定化基金の設置・運営
・国保事業費納付金を都道府県に納付
2.資格管理 ・国保運営方針を定め、事務の効率化、標準化、広域化を推進 ・国保資格を管理する(被保険者証等の発行)
3.保険料(税)の決定、賦課、徴収 ・標準的な算定方法により、市町村ごとの標準保険料率を算定、公表 ・標準保険料率等を参考に保険料率を決定
・保険料(税)の賦課、徴収
4.保険給付 ・保険給付に係る費用を全額市町村に支払う
・市町村が行った保険給付の点検
・保険給付の決定、支給
5.保険事業 ・市町村に対し、必要な助言、支援 ・被保険者の特性に応じたきめ細かい保険事業を行う
変わらないこと
医療機関等へのかかり方は今までと変わりません。
国保関係の各種申請、届出等はお住いの市町村で行ってください。
保険料(税)はお住いの市町村に納めてください。
変わること
被保険者証の様式
都道府県も国保の保険者となるため、被保険者証の様式が変わります。
(現在お使いの被保険者証は有効期限まで変更不要です。)
資格の管理
平成30年4月以降は、都道府県単位で管理することとなります。
同一都道府県内で住所が変わった場合は保険者が変わりません。
高額医療費の多数回該当
同一都道府県内での転出等であれば、高額医療費の多数回該当が通算され、加入者の負担が軽減されます。
多数回該当とは、過去12ヶ月間で高額医療費の対象となった月数が4回以上となった場合は、4回目から自己負担額が引き下げられる制度です。
関連リンク
厚生労働省ホームページ(外部リンク)
お問い合わせ先
黒石市健康福祉部国保年金課国保給付係
TEL:0172-52-2111(内線118・119)

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時