キーワード検索>
ホーム生活便利帳>黒石市地域包括支援センター

黒石市地域包括支援センター


 高齢者の生活を支える総合相談窓口として、平成19年4月から黒石市役所第2庁舎1階に設置しています。地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域でその人らしい生活を送れるように、専門職(社会福祉士・保健師・主任ケアマネージャー)が連携して、総合的な支援を行っています。
介護予防事業
 市では、要介護状態等となるおそれのある高齢者が要介護状態となることを防止するため介護予防事業を実施しています。
◆一次予防事業
  下記事業の対象は、市内に居住する65歳以上の高齢者の方です。
事  業 内  容
転倒骨折予防・認知症予防教室 老人福祉センターや各公民館で、レクリエーションを通して健康維持や心身機能低下防止のための運動等を実施しています。
  老人福祉センター・・・毎月第3水曜日の午後
  西部地区センター・・・毎月第3金曜日の午後
  その他の公民館・・・・随時
  (開催場所や時間については、変更する場合があります。)

健康教室

公民館等で薬や病気の予防に関する講話を開催しています。
日程については、市の「健康ごよみ」にも掲載しています。
介護予防講座支援事業 老人福祉センターで各種講座を開催しています。
各講座の利用や詳細については、老人福祉センター(電話:53-3961)へお問い合わせください。
<開催講座(変更する場合があります)>
①自己健康法 ②ボーンクラブ ③ラージボール卓球 ④ラケットテニス ⑤料理教室
⑥踊り教室 ⑦手作りタイム ⑧キットクラブ ⑨囲碁クラブ ⑩頭の体操
⑪スマイルクラブ ⑫おたのしみ講座 ⑬各種交流研修

◆二次予防事業
事  業 内  容
二次予防事業の対象者把握事業 二次予防事業の対象者を基本チェックリストにより把握しています。
通所型介護予防事業 二次予防事業の対象者で希望する方に対し、下記①~③の事業を実施しています。
  ①運動器の機能向上事業
(筋力アップ教室)
対象・ 運動機能が低下しているおそれのある対象者
内容・ 個別計画を作成し、3ヵ月間週1回程度、専門職による運動・機能訓練等を実施しています。
②栄養改善事業
(いきいき教室)
対象・ 低栄養状態のおそれのある対象者
内容・ 個別計画を作成し、3~6ヵ月間月1~2回程度、専門職による栄養教育等を実施しています。
③口腔機能向上事業
(はつらつ教室)
対象・ 口腔機能が低下しているおそれのある対象者
内容・ 個別計画を作成し、3か月間月2回程度、専門職による口腔に関する訓練等を実施しています。
介護予防ケアマネジメント業務
 要介護状態区分「要支援1又は2」の認定を受けた方に対し、介護が必要な状態にならないことを目標に介護予防支援計画を作成し、サービスを利用するために関係機関との連絡調整を行っています。(一部を指定居宅介護支援事業者へ委託しています。)
権利擁護事業
 高齢者の権利や財産を守るため、成年後見制度や消費者被害防止に関する諸制度を活用し被害を未然に防ぐよう努めています。また、高齢者虐待の早期発見や防止に関する取り組みを推進しています。
包括・継続的ケアマネジメント支援事業
 高齢者が暮らしやすい地域づくりのために、医療機関や行政、その他の機関との連携づくりを進めます。また、地域ケアマネージャーが円滑に仕事ができるよう支援や指導、研修会開催により後方支援を行います。
任意事業
事  業 対 象 者 内  容
成年後見制度利用支援事業 成年後見等開始の手続きを行う親族等がいない65歳以上の高齢者  成年後見等開始の手続きと費用負担が困難な場合は市で費用を負担します。
訪問給食事業 単身世帯や高齢者世帯などで、心身障害により食事の調理が困難な65歳以上の高齢者 自宅に夕食を配達し、栄養管理とともに安否確認を行います。1食400円の利用者負担があります。
住宅改修支援事業 介護保険制度の住宅改修のみ希望する方に対して申請に係る理由書を作成した介護支援専門員等 理由書作成手数料として1件当たり2,160円を助成します。
【お問い合わせは
 高齢介護課介護保険係まで】
在宅要介護高齢者紙おむつ支給券交付事業 市民税非課税世帯で要介護状態区分「要介護4又は5」の認定を受けた65歳以上の高齢者 月額5,000円分の紙おむつ支給券を交付します。市内の指定業者で利用可能です。
認知症高齢者徘徊見守りカード交付事業 徘徊又は徘徊するおそれのある認知症高齢者(認知症高齢者を介護する家族らが希望する場合) 事前に個人情報を登録していただき、見守りカードを交付し徘徊先で保護された場合円滑に帰宅できるようにする。登録時シューズ用・衣服用ステッカーも合わせて交付すます。
総合相談支援事業
 介護に関する相談や心配ごとに限らず、健康や福祉、医療や生活に関すること、市内に暮らす高齢者に関する相談ごとについて解決策を探り、適切な機関につなぎ支援を行っています。
 下記のブランチ(協力機関)でも、黒石市地域包括支援センターにつなぐ「窓口」として、高齢者に関する相談業務を行っていますのでお気軽にご相談ください。
ブランチ(協力機関)名 住  所 電話番号 FAX番号
在宅介護支援センター
あしたばの里
黒石市末広6番地1 52-5101 59-1250
黒石在宅介護
支援センター
黒石市大字赤坂字池田136番地 53-3228 53-3735
まごころ福祉センター 黒石市大字内町31番地19 52-2411 52-4236
すみれ在宅介護
支援センター
黒石市大字花巻字村北13番地3 59-5123 59-5122
認知症サポーター養成講座
 認知症になっても安心して暮らせる町づくりを目的とした「認知症サポーター養成講座」を開催しています。
 この講座は、認知症の介護の方法を学ぶためのものではありません。
 町内会、学校、商店会、職場、各種グループ、友人同士で、認知症の知識がない方同士が認知症を理解し、認知症の人や家族を暖かく見守るためのサポーターを養成する講座です。

なお、講師派遣の調整のため、養成講座開催の1か月前までに、地域包括支援センターへの申込みが必要となります。


認知症サポーターとは?

認知症の人の接し方

黒石市認知症サポーター養成講座開催申込書

黒石市認知症高齢者徘徊見守りカード登録届変更届

※ご不明な点がございましたら、黒石市地域包括支援センターへお問い合わせください。
     住所:〒036-0396
         青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
     電話:0172-52-2111 (内線530・531)
     FAX:0172-59-3885

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時