キーワード検索>
ホーム行政情報>黒石市教育大綱

黒石市教育大綱


教育大綱について
教育大綱は市の教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策について、その目標や施策の根本となる方針です。地域住民の意向を教育行政により一層反映させ、施策の総合的な推進を図るため、市長が大綱を策定します。

平成29年2月23日開催した平成28年度第2回黒石市総合教育会議において、黒石市教育大綱を策定しました。
黒石市教育大綱
目 標
 
心豊かな人を育てるまち黒石

基本的な考え方
 
 おもいやりにあふれ、誰もが安心して暮らせる共生社会の形成を願い、郷土に誇りを持ち、多様性を尊重しながら、生きる力をもって主体的に 新しい時代を切り拓く、心豊かで
たくましい人づくりを目指します。

教育施策の4つの柱と教育施策
 
(1)夢や志の実現に向けた、確かな学力、豊かな心、健やかな体を育む学校
  教育の推進と安全で良好な教育環境の整備、充実に努めます。

  【最重要項目】
  確かな学力と豊かな人間性の育成
 子どもたちが新しい時代を主体的に切り拓いていくための学力を育成するとともに、いじめ等のない楽しく充実した学校生活を送ることができるよう相談・支援体制の充実に努めます。
  小・中9年間を見通した教育システムの推進
 現在まで取り組んできた中学校学区ごとの小・中連携事業を継続しながら、本市にあった小・中一貫教育の構築を目指して研究を推進していきます。
  小・中学校の適正配置の推進と実現
 少子化傾向の中、充実した教育活動の実施と子どもたちの健全育成を図るために、小・中学校の統合による適正配置を進めていきます。

 
(2)家庭や地域での学びを生かし、人と人とのつながりを大切にする社会教
  育の推進と地域を活性化するための支援を行います。

  【最重要項目】
  いつでも、どこでも、だれでも学べる生涯学習社会の実現
 生涯学習社会を基盤として、子どもから高齢者まで全ての市民が参加し、学び、成長する地域社会の実現を図っていきます。
  公民館を核とした地区協議会のコミュニティ活動の充実
 10地区協議会それぞれのコミュニティ活動を活発化させ、地域の自治能力と教育力を高めるために、公民館を核として学びや活動の場の提供を拡充していきます。

 
(3)歴史と文化を尊重し、感性と創造力を高める芸術文化活動の推進と地域
  の歴史・文化の保存と継承を図ります。

  【最重要項目】
  伝統的建造物群の保存と啓発
 高橋家住宅・土蔵、鳴海氏庭園、こみせなど国指定の文化財が所在する黒石市中町伝統的建造物群保存地区の保存と市民への文化財意識の高揚を図っていきます。
  芸術文化活動の支援
 市民の芸術文化活動を支援し、感性と創造性を高める芸術文化の環境整備に努めます。

 
(4)心身の健康を保ち、活力と感動を生み出すスポーツ活動の推進と健康都
  市宣言に伴う教育環境の充実に努めます。

  【最重要項目】
  一市民一スポーツの推進
 子どもから高齢者まで、全ての市民が自分にあったスポーツに親しむことを通して健康長寿社会の実現を目指していきます。
  スポーツ施設の管理運営
 指定管理者制度のもと、施設設備が有効に管理運営されるよう指導・支援をしていきます。
  健康教育の推進
 各学校において、生涯にわたって健康を維持していこうとする意識の向上と健康維持に向けた具体的な方法を身に付けることのできる授業を展開されるよう指導・助言を行っていきます。

計画期間
 
平成29年2月23日から平成31年3月まで

※製本版はこちらからご覧いただけます。
   黒石市教育大綱〖製本版〗 [pdf]
お問い合わせ
総務部秘書課
電話:0172-52-2111(内線215)

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時