キーワード検索>
ホーム観光案内観光スポット・まつり>「県無形民俗文化財 大川原の火流し」

-県無形民俗文化財-
「大川原の火流し」


今号では、毎年8月16日に行われる県の無形民俗文化財「大川原の火流し」を紹介します。

大河原の火流し  この伝統行事は、南北朝時代、後醍醐天皇の第三皇子・宗良親王を長年にわたってかくまった信濃の豪族・香坂高宗の子孫が、戦いに敗れて大川原に落ちのび、南朝方戦死者の慰霊と故国をしのぶため、約600年程前に始めた精霊流しが起源だと伝えられています。

 毎年8月16日の夜、集落を流れる中野川で行われ、アシガヤを編み上げた3つの舟(長さ3m、幅1・5m、帆柱の高さ3m)に火をつけ、1隻を5~6人の若者(舟子)が引きながら、500mほど下流の大川原橋まで川を下ります。

 すげ笠に野良着姿の舟子が、帆柱の火を消さないように「ヤーレヤーレ、ヤーレヤ」と掛け声を発しながら舟を走らせる姿はまさに勇壮。また、川岸では地元の小・中学生らが、笛や太鼓のはやしで、悪戦苦闘する若者たちを盛り上げます。

 3隻の舟には意味があり、それぞれをワセ(早生)・ナカ(中生)・オクテ(晩生)と稲の3種に見たてたもので、その火の燃え具合から、翌年の豊凶を占いますが、地区では、村内安全、疫病退散を願う伝統行事としても受け継がれています。
 火の粉が飛び散る中、激流を必死に下るさまは、さながら戦国時代をほうふつとさせる勇壮な炎の絵巻となって、見る人の感動を誘います。

 大川原の火流しは、昭和58年に県の無形民俗文化財に指定。今では、この伝統行事の継承活動を続ける大川原火流し保存会(高橋照一会長)が、大川原小学校で「はやし講習会」を開催するなど、地域をあげて、保存・継承に取り組んでいます。

黒石市役所
〒036-0396青森県黒石市大字市ノ町11番地1号
Tel 0172-52-2111
Fax 0172-52-6191
開庁時間:午前8時15分~午後5時